木のテーブル このー木なんの木?

ミヤカグで家具を買われる方の共通点は「が好きな人」
ショールーム内にたくさんある家具を触っては
本物の木っていいですね~ と言われる方が大半です。

本物の木ってほんとうに癒されます。手触りもとっても気持ちいい!(←オイル塗装に限る)
木の香りだってします。

ひとことに「木」と言っても。
いろいろあります。どんな木の家具がいいですか?とお聞きして
「●●の木がいいです!」って答えられる方は少数で、ほとんどの方は

「よくわからないですが」

ってみなさん言われますので、さぁ、そこで私たちの出番。

木材によって触り心地も違うし、もちろん色味も違うし(塗装で替えれる場合もあり)
木の硬さ、重さ、そして木の温度だって違うんです。
そんなお話を、
実際に触ったり、匂ったり、持ち上げたりしながらお話しして、
そのお客様のおうちにぴったりの木材はどれかを一緒に選んでいきます。

以下の写真はそうやって私たちが一緒に選ばせてもらった木のテーブルを
実際にお客様のおうちに設置してとらせていただいた写真です。

さぁ、ここで問題です!!これらのテーブル、何の木でできているでしょう?
ヒント:ある木材のテーブルのみ2台写ってますが、他はすべて材種が違います。つまり6種類の木材です。

これ、かなりの難問です。
全国のインテリアコーディネーター仲間にもfacebookで答えてもらいましたが
全問正解者はいなかったです。

  

  

どれもこれも素敵でしょー。
ダイニングテーブルというのは朝晩家族が集って、実際に触れる家具なので
こんな風に本物の木のテーブルにすると、暮らしが変わりますよ。

では、それぞれ何の木か気になると思うので解説していきます。

1枚目。
 
色はこれはどうみてもウォールナットです。ウォールナットという木はこげ茶な色味でかっこいいので大人気の木です。
この写真を1枚目に持ってきたのは・・・ひっかけようと思って(笑)
実際、イスはウォールナットのイスでコーディネートしております。
実はこれは4枚目と同じ材種で、クスノキです。1枚目と4枚目は塗装違いです。
クスノキの特徴はなんといっても香りのいい木です。天然アロマとよばれる癒しの木の香り。
そして、手触りも気持ちいい!あまり重くないので板座のイスも軽く作れるのがメリット。
これは実際にショールームでくんくん、すりすりして体感していただきたい、うちのお店の一番人気のテーブルです。

2枚目
 
パイン材。少し濃いめのオイル塗装で色を付けています。
パイン材の特徴は、手触りがとっても気持ちいい!木目がいかにも「木のテーブル」っていう雰囲気でナチュラル。
木が白っぽい木なので、色ノリがいいので塗装で変化をつけやすい。
一番のメリットは、全体に油分のある木なので使えば使うほど、いいテリがでて経年変化を楽しむことができるところ。
「アメ色になってきたね~」とかわいがって使っていくテーブルです。
イギリスアンティークなどでもふるーいパイン材の家具がとってもいい風合いになってたりもします。
ただし、パイン材というのはピンとキリの差が大きい木材なので、ネット通販とかでやっすいサクサクの質感のパイン材の家具が売ってるのですが
それらと高品質の、このしっとりしたパイン材をいっしょと思ってもらっては困ります。

3枚目

アルダー材。ナチュラルテイストのインテリアによくあう木材です。
これも手触りがいいですが、ちょっと傷つきやすいです。
↑のクスノキ、パイン材、アルダーとほんとうに手触りがよくて気持ちいい木材ですが
さわって気持ちいい木は空気をたくさん含んでいるのでどちらかというと柔らかい木です。
でも、傷もあじわいとなります。合板の家具が傷つくとだんだんボロッちくなっていってしまう感は
いなめませんが、本物の木の家具はしょうしょう傷がついても、それもぜんぶ風合いとなり
いい感じに経年劣化していくものです。
これはわかりにくいかもしれませんが、実際使ってる人には大きくうなずいていただけると思います。
だから、傷も心配することなかれ!

4枚目

一枚目と同じとっても香りのいいクスノキ材。
手触り、香り、見た目の木目の癒し効果。どれもこれも最高で、五感で感じていただける木です。
とっても高級感ある仕上がりですが、お値段的には予想よりお安いとみなさんに驚いていただいています。

5枚目

ブラックチェリー材。
ウォールナットと触り心地や重さは似ていて、さらさらーとしたきめの細かい触り心地の木です。
違うのは色目。ウォールナットがこげ茶でかっこいい仕上がりになるのに対して、ブラックチェリー材は
赤みのあるちょっとお上品な雰囲気ただよく仕上がりとなります。
写真のものはまだそんなに赤みがないのですが、使っていくうちにみるみる赤みを増していくのが
この木の特徴。 経年変化を楽しむ木です。 一年前と一年後の写真を見比べたりすると
えーーこんなに色がかわるんだーーとびっくりされる木です。
私は個人的に、この木の人気はこれから急上昇してくるとにらんでます。
(私のトレンド分析はあたるのよ~笑)

6枚目

オーク材。オーク材というのは、とっても重くてしっかりして、狂いの少ない家具に適した材で
昔から高級家具に使われてきた木材です。
オークの中でもこちらはレッドオーク。
ミヤカグ店内にオーク系の家具は 日本のナラ材、ホワイトオーク材、レッドオーク材と3種類混在しております。
ぱっと見なかなか見分けがつかないところですが、ナラ材はもう貴重な材料となってきて世の中からだんだん減ってきてます。
そして、その代わりとしてここ数年、重宝がられてきたのが、ナラ材によく似たホワイトオーク材。
このホワイトオーク材もどんどんいい材料が手に入りにくくなってきて、値段も高騰してきたので
最近増えてきたのがこのレッドオークという木です。
レッドというだけあって、少し赤みのある木ですが、温かみのある雰囲気で、
ナチュラルテイストのインテリアにはあわせやすいのが特徴です。

7枚目

こちらが大人気のウォールナット材。
っこ10年前くらいから急に人気が出てきた木で、ブームかなーと思ってみてましたが
もうここまでくればブームじゃなくて超定番の家具となりました。
かっこいい系のインテリアを求められる方、床壁が白で建具がこげ茶のようなマンションの方
落ち着いた雰囲気を求められる方、高級感を求められる方など幅広い支持層にうけています。
唯一の弱点は、人気がですぎて、材料費の高騰がすごいところでしょうか・・・
年々値上がりしていってる木材です。

 

以上、このー木なんの木の解説 でした。

写真で見るだけではなかなか難しいですが、実際にショールームにはいろんな木のテーブルが
展示してありますので、気になる方はぜひスタッフにお声掛けください。
スタッフもみんな木が好きでミヤカグで働いているので嬉々として(←ここ笑うとこ!)語らせていただきます!


 
 

————————- ミヤカグってどんなお店? 気になる項目を↓クリックしてみてください (HPに飛びます)

 

名称未設定-1

名称未設定-2

名称未設定-3

名称未設定-4


 

 

 
 

 

 

 

 

関連記事

  1. ステンド教室しました

  2. 消費税アップについてのお知らせ

  3. ソファのカタログできました!

  4. ドライフラワーリース新作

  5. 五日市プレミアム商品券 今日から!

  6. 今日から3日間は。

  1. 2019.10.23

    木のテーブル このー木なんの木?

  2. 2019.10.18

    セミナー講師業 無事終了。

  3. 2019.10.11

    広島市介護保険住宅改修事業者研修会に登壇します!

  4. 2019.09.02

    オーダーキッチンの取材を受けました。

  5. 2019.08.31

    新しいソファ仲間入り♪

  1. 2019.06.09

    新築戸建て インテリアプランサポート事例

  2. 2019.06.09

    中古住宅リノベの相談+オーダー家具の魔法

  3. 2018.10.03

    マンションで天然素材ナチュラルインテリア! 広島