カップボード・キッチンバックカウンター(オーダー?それとも既製品?)

※こちらのピックアップ商品のコーナーはお店に来られた方はもちろんですが、県外からブログなどを見て問い合わせ・ご注文の多い商品を取り上げてご紹介しております

最近はマンション、戸建どちらも対面キッチンが主流になってきています。
対面キッチンは、その後ろ側がキッチンの使いやすさと見た目を決めるキーポイント!
というわけでオーダー家具の中でもミヤカグで一番多くご相談を受けているのはキッチン収納です。

背面収納(食器棚・カップボード)こだわってますか?

キッチンにはこだわって何個もショールームをまわって収納形態もたくさん見て、
扉の面材も迷ってよくよく考えて決める方が多いのですが、
その反対側の壁面の収納はあまり深く考えずに今、持っているものを適当に並べたり・・・となっていませんか?

でも、実際に引っ越して使い始めてみるとよくわかるのですが
リビング側からよく見えるのは、対面キッチンの場合、キッチン扉ではなく、背面収納(バックカウンター・カップボード)なんです。

キッチンとおそろいの収納にするのか?
手持ちのスチール棚や食器棚を何個も並べて使うのか?
それとも、お部屋の内装にあわせて木製の食器棚を置くのか?
などなど、選択肢もたくさん。
LDKタイプのお部屋の場合、この背面収納がインテリアイメージを大きく左右します。

インテリア的にすっきりおしゃれにするコツは、対面キッチンの背面収納は
キッチンと合わせるのではなく、ダイニングテーブルと雰囲気を合わせるのが正解です。

そして、電子レンジ、コーヒーメーカー、ノンフライヤーなどなど年々調理家電が充実していっている現在、
家電の収納、置き方、使い勝手が調理の効率を大きく変えるので、
見た目だけではなく使い勝手の面からもまた、背面収納の役割は大きいのです。

<ぴったりのカップボードのすすめ>
インテリアテイストにぴったりに。
冷蔵庫から壁までサイズをぴったりに。
置きたい家電のサイズにぴったりに。
持っている食器の収納にぴったりに。
根菜類や、ストックなどの収納目的にあわせてぴったりに。
ゴミ箱も収納計画にとりこんでぴったりに。
ホットプレートなど大型で困っている家電にもぴったりに。
窓の位置にも合わせてぴったりに。
いろんな方面でぴったりの背面収納となると、やはりオーダーがおすすめ。

①オーダー別注事例

こちらはミヤカグのオーダー事例です。

木(パイン材・オーク材の無垢)や 突板
そして、お掃除しやすいメラミンやステンレスなど
ご予算とご要望に応じていろいろな素材をつかっていきます。

たとえば
一段目の右側の木とブラックがかっこいいカップボードは、
吊り戸は木目がきれいな突板
カウンター天板はオーク材無垢
そして引き出し前板は黒いメラミン扉。
異素材をうまくくみあわせたオーダーならではのカップボードです。
しかも、天板の奥行きも壁のデコボコにあわせてあります。
 

住む人にあわせた世界に一つのカップボード事例。
キッチンは、収納するものがたくさん!
そのお宅によって持たれている家電、食器の量などさまざま、使い方もさまざまです。
設計担当家具職人&相談担当コーディネーターのペアで相談に乗らせていただいております。
キッチンスペシャリストという資格保有なので、豊富な経験からいろいろアドバイスさせていただいております。

②既製品事例

次に、既製品からのご提案。
オーダーは世界に一つのカップボードが作れて、ミリ単位で設計。材料もえらべていいのですが
やはりネックはご予算と納期がかかってしまうこと。

そこで、ミヤカグでは、既製品のご提案も積極的にやっております。

既製品でも一枚目の黒いカップボードくらいぴったりサイズに収めることもできます。
このくらいぴったりに収めようと思うと、新築マンションさんだと、内覧会の時に同行して採寸したりもします。
また二段目の左のもののように、ごみ箱置き場を組み込んでいくこともできますし
木質感のとってもいい無垢をふんだんに使った既製品もご提案いたします。

③オススメ! 下台は既製品+吊り戸オーダー

そして、最後に。
これは工場のあるミヤカグならではの裏技提案ですが、
既製品カウンターとオーダー吊り戸の合わせ技!

既製品のカウンター(こちらはパモウナという有名メーカーのものです)と同じ面材で吊り戸を作って取り付けます!
しかもオーダー吊り戸なので、特に裏に下地補強していなくても間柱に合わせて取り付けれるように作りますので
戸建てならもちろん、マンションさんでもほぼ取り付け可能です。下地工事無しで吊り戸は工事代が浮いてうれしいですよね!

下は既製品といってもかなり選べるシリーズで組みあわせていきますし、上部はオーダーなので吊り戸棚と飾り棚をいろいろとデザインできます。
下と上を面材を合わすこともできるし、わざと変えるのもおしゃれ!!
一枚目の写真は棚付きデザインの吊り戸棚をつくりました。かっこいい!

 

 ↓↓こちらは今、お客様に提案中のデザインです。また完成したら写真UPしますね~

まとめ

実は、家具の中で「一番よく使う家具」それはカップボードです。
朝晩何回も開け閉めして、モノを出したりしまったり。
サイズ、見た目はもちろん。動線、収納計画、そして、パーツの耐久性(←これ大事!)
と検討材料はたくさんです。

ミヤカグだと、インテリアコーディネーターと職人に同時に相談していただけます。
オーダーでも、既製品でも。使いやすいカップボードをお探しの方はぜひ、お声掛けください。

※2022年春現在。オーダーは大変立て込んでおりまして、順番待ちが発生しており納期が半年くらいかかります。
早め早めのご相談をお願いします。既製品や、上だけオーダーだとそんなにかからないので大丈夫です。

気になることがあれば、なんでもご質問ください^^

施工が伴わない置き家具タイプ、または工務店さんに取り付けてもらえるなどの場合は全国からご相談承っております。
ミヤカグ職人が取り付けに伺う場合は、おおむね広島隣県までで承っております

弊社は基本は広島地元密着のインテリアショップのため、買い物かごを設けたECサイトでの販売はしておりません。
それでもぜひに!と言ってくださる遠方の方への販売は、お問い合わせからのご注文、お支払いはお振込みでお願いしております。
まずはお気軽にお問合せください。

>>お問い合わせフォームはこちらから。

◇気軽にラインからちょっと聞いてみたい方はこちら
 

またはお電話 082-928-1133(火曜定休 10:00-18:00)

 

 ↓↓「今までのキッチンボードなどのオーダー事例を見てみる