オーダー背面収納(バックカウンター・カップボード)

※こちらのピックアップ商品のコーナーはお店に来られた方はもちろんですが、県外からブログなどを見て問い合わせ・ご注文の多い商品を取り上げてご紹介しております

最近はマンション、戸建どちらも対面キッチンが主流になってきています。
対面キッチンは、その後ろ側がキッチンの使いやすさと見た目を決めるキーポイント!
というわけでオーダー家具の中でもミヤカグで一番多くご相談を受けているのはキッチン収納です。

背面収納(食器棚)こだわってますか?

キッチンにはこだわって何個もショールームをまわって収納形態もたくさん見て、
扉の面材も迷ってよくよく考えて決める方が多いのですが、
その反対側の壁面の収納はあまり深く考えずに今、持っているものを適当に並べたり・・・となっていませんか?

でも、実際に引っ越して使い始めてみるとよくわかるのですが
リビング側からよく見えるのは、対面キッチンの場合、キッチン扉ではなく、背面収納(バックカウンター・カップボード)なんです。

キッチンとおそろいの収納にするのか?
手持ちのスチール棚や食器棚を何個も並べて使うのか?
それとも、お部屋の内装にあわせて木製の食器棚を置くのか?
などなど、選択肢もたくさん。
LDKタイプのお部屋の場合、この背面収納がインテリアイメージを大きく左右します。

インテリア的にすっきりおしゃれにするコツは、対面キッチンの背面収納は
キッチンと合わせるのではなく、ダイニングテーブルと雰囲気を合わせるのが正解です。

そして、電子レンジ、コーヒーメーカー、ノンフライヤーなどなど年々調理家電が充実していっている現在、
家電の収納、置き方、使い勝手が調理の効率を大きく変えるので、
見た目だけではなく使い勝手の面からもまた、背面収納の役割は大きいのです。

ぴったりの背面収納のすすめ

インテリアテイストにぴったりに。
冷蔵庫から壁までサイズをぴったりに。
置きたい家電のサイズにぴったりに。
持っている食器の収納にぴったりに。
根菜類や、ストックなどの収納目的にあわせてぴったりに。
ゴミ箱も収納計画にとりこんでぴったりに。
ホットプレートなど大型で困っている家電にもぴったりに。
窓の位置にも合わせてぴったりに。

いろんな方面でぴったりの背面収納となると、やはりオーダーがおすすめ。

ナチュラルインテリアにぴったりの背面収納、ビフォーアフター事例。

事例 その1
まずはビフォー写真 これでも十分おしゃれで使いやすそうなキッチンなのですが・・・

ジャーーン。こちらがアフターです!
使いやすい位置から天井の梁いっぱいまでの高さまで吊り戸をつけました。
そして、食器の仮置きや配膳に使える作業スペースも確保。

ポイントとなる分別ゴミ箱の納め方は、今回はこんな感じになりました。
そのほか、
今まで重たいのに食器棚のうえにあげていたホットプレートを下段引き出しに
今まで横向き収納して、使うときだけ取りだしていたトースターも前向きに。
そして、
根菜、古新聞などの収納場所をもうけました。
見た目もすっきりおしゃれに、そして使いやすくなったと大変喜んでいただきました。

 

ビフォーアフター事例 その2
こちらは、来客があった時には引き戸をしめてしまって
すべて隠してしまえるように作られたキッチンでした。

いざとなれば隠せるといえど、来客があるときにも、
キッチン、使いますよね。。。というわけで、隠す収納から
見せておしゃれな収納家具に変更いたしました。

扉もレールも撤去して、冷蔵庫から壁までのサイズいっぱいに、
カウンタープラス吊り戸を施工しました。
レールの撤去に伴い床や天井もプチリフォーム。

ゴミ箱スペース プラス ゴミ箱の裏に奥行きを利用してストック類を置ける小さな棚を。。。
通常より奥行きがあり、引き出したっぷりのバックカウンターなので、
たくさん収納できて、すっきり片付くと思います♪
ホットプレートや、長さのある水筒などなど、収納するものにあわせて
考えられた引き出したちです。

事例 いろいろ

それぞれの使い手のこだわりがたくさんつまったオーダー家具。
毎日使うキッチン収納となると、ちょっとしたこだわりを形にしておくだけで
お台所仕事がはかどって、気持ちよく暮らせます。

左:収納のゴールデンゾーンの高さに食器スペースを。食洗器から一歩も動かずにお片付けできるゼロ動線を実現!
右:タイル張りのカウンターに棚板を取り付けただけの見せる収納。ゴミ箱収納もつけ、すっきりおしゃれなくらし!

わざと天井から少しさげることで、圧迫感を減らし、
お部屋を広く見せる効果が期待できます。
オープンシェルフは、扉をあけるというひと工程をしなくていいので
忙しいキッチン仕事の効率をあげてくれます。

 

左:窓の位置にあわせて作りつけ。炊飯器を使わないときは隠せる仕様です。
右:まるで海外アンティークのカップボードのようにデザインにこだわりました。

 

左:左下の壁にあるコンセントを、キャビネットの中で使えるような工夫がしてあります。
ゴミ箱は下段にしこめるようになっています。オーク材使用ですっきりデザイン。
右:家電を重ねることで仮置きのカウンタースペースも確保。ゴミ箱はスライド式。

 

左:家電がたくさんあるので2段に家電スペース。下の段はスライドで引き出せる棚。
右:家電を隠す収納。一番右はワゴンのようになっていて引き出すと炊飯器などが入っています。
吊り戸は付けずにカウンターのみですっきりと。

 

住む人にあわせた背面収納事例。
いかがでしたか?

キッチンは、収納するものがたくさん!
そのお宅によって持たれている家電、食器の量などさまざま、使い方もさまざまです。
設計担当家具職人&相談担当女性コーディネーターのペアで相談に乗らせていただいております。
二人ともキッチンスペシャリストという資格保有なので、豊富な経験からいろいろアドバイスさせていただいております。

こうして振り返ってみると、それぞれの工夫や細部へのこだわりが思い出されて
もっともっと細かい部分をご紹介したいのですが、長くなるので今日はこのあたりで。

気になることがあれば、なんでもご質問ください^^

施工が伴わない置き家具タイプ、または工務店さんに取り付けてもらえるなどの場合は
全国からご相談承っております。
ミヤカグ職人が取り付けに伺う場合は、おおむね広島隣県までで承っております。

>>お問い合わせフォームはこちらから。
またはお電話 082-928-1133(火曜定休 10:00-18:00)