パイン材カントリー家具専門店/ナチュラルカントリー/オーダー家具も

パイン材のカントリー家具Wood工房ミヤカグ
アフターフォロー窓口
クレーム窓口
お問い合わせ
お買い物ガイドQ&A商品一覧各種サービス店舗紹介FAX注文ブログ会社概要カートを見る
テーブルチェア カップボードカウンター キャビネットシェルフ テレビボード・ローテーブル チェスト・ベッド デスク関係 カントリーソファ 家具をDIY!キットうりば オーダー家具事例集



カントリー家具豆知識

定期メンテナンス

2007年08月21日

パイン家具の定期メンテナンスとしては、オイルなどの塗り重ねがメンテナンス作業となります。基本的に家具の最終的な仕上げに使われているオイルを塗り重ねていくことをお勧めいたします。

例えば、ステイン着色+蜜蝋ワックス仕上げのものは、蜜蝋ワックスを塗り重ねていくことになります。
また、オイル仕上げの場合は同じ色のオイルワックスを塗り重ねていきます。オイルワックスに仕上げとしてクリアーワックスを塗られた場合はクリアーワックスの塗り重ねですね。

使用していきますと多少のキズが付いてきますが、同色のオイルワックスの塗り重ねのメンテナンス方法が、キズ等に色が付きますので、風合いとしてはよい仕上げとなります。ただ、多少色が濃くなります。しかしそれが染みなども分かり難くしますので、お勧めです。

重ね塗りする前にサンドペーパーの#340〜#400ぐらいの目の細かいものを使い、軽く研磨してから重ね塗りすると効果的です。研磨の度合いは色が落ちない程度です。特に角は色が落ちやすいのでその辺りは研磨しな方が無難です。研磨する際は必ず木目に沿ってペーパーをかけて下さい。木目に沿わないと逆にすり傷が出来てしまいます。

重ね塗りをしましたら、約10分程度乾かし、その後余分な塗料は綺麗に拭き取って下さい。拭き残しはムラやベタツキの原因となります。その後約1日は乾かして下さい。

メンテナンス時期としましては、使用頻度にもよりますが、2〜3年に1回ぐらいのペースです。ダイニングテーブルなどの使用頻度の高い家具は状態にもよりますが、1年1〜2回されると良いでしょう。それ以上の回数をされましても効果はほとんどありません。