広島の家具メーカーミヤカグ/製造〜販売 サイトマップ
ミヤカグ  お店の紹介  周辺の地図   60年のあゆみ
 スタッフ紹介  メディア掲載  お問い合わせ
ミヤカグ公式ブログミヤカグfacebookページ


理想の家づくり、心地よい暮らしのまんなかに、世界に一つのオーダーキッチンを… 082-928-1133
(10:00〜18:00 火曜定休)
またはお問い合わせフォームから



 私らしくて使いやすい~キッチンの作り方~セミナー


STEP2 探る 私らしいキッチンの使い方は? 自分の暮らしスタイルをみつけよう



先ほどの項目で、最近の全体的な流れとして、キッチンがオープンな場となってきている傾向にあるお話をしましたが、では、実際に、皆さん自身の暮らし方においては、キッチンとはどういう場であり、どういう機能を必要としているのか、少しさぐっていってみましょう。

いろいろなポイントをあげていきますので、自分だったら・・・の視点でみてみてください。

まず、キッチンのカタチ。
レイアウトです。
参考 >>調査の結果へ


昨年の秋に料理レシピサイト「クックパッド」の会員を対象にされた調査では、
あなたが今後キッチンを選ぶとしたら、どんなレイアウトのキッチンがよいですか?
の質問に対する答えがこのようになったそうです

お料理に集中したい方は独立した別部屋のキッチンを好まれますし、
お料理を作って食卓にだすまでの移動距離の短さを重視される方は壁つけ、
そして、圧倒的に多数の方が対面式またはアイランドキッチンということがわかります。

8割の方が家族とコミュニケーションを大事にしながらのお料理、またはテレビを見ながらのお料理など、ながら料理のしやすいカタチを希望されていることがわかります。

キッチンのレイアウトを決めるときによくめやすとされる「ワークトライアングル」というのをご存知でしょうか。

これは調理作業上の動線をチェックする方法です。
「シンク」「コンロ」「冷蔵庫」を三角形を結んでみて、
この三角形をワークトライアングルと呼びます。

この三角形の各辺の長さがあまりに長すぎるとむだな動きが多くなるので、疲れる原因になります。また、短すぎると調理や配膳スペースが不足して作業効率が悪くなります。

そこで、一番いいのは、三辺の和が360cm以上600cm以下で、
なるべくきれいな三角形の形をしているほうが使いやすいと言われています。

でも、ここで一つ注意していただきたいのが、これは、調理をするだけの作業導線の話です。
でも、実際の生活では食卓と食器棚の位置も大変重要です。

◆それぞれ書き入れてみます。

実際には、調理をした後にお料理をダイニングテーブルに運ぶ動き、
さらに食後に食器を下げる動き、
そして洗った食器を食器棚におさめる動きも必ず発生してきます。

みなさん、毎日のことですので、将来を見据えて、
少しでも疲れない効率の良いレイアウトを検討していただきたいと思います。

◆動線を書き入れてみますね。


もちろん、リフォームということなので既存の建物のいろいろな制約がかかってきて、
思い通りにいかないかもしれないです。
たとえば、最近住宅展示場などでよく見かけるようになった横並び配列。
これは食器棚も食卓も近くに配置できて動線はとてもつかいやすそうですが、
とても横長なお部屋が必要となってくるのでリフォームとなるとなかなか難しい配列かもしれません。

まずは、自分の必要としている条件や希望を明確にしていけたら
おのずと自分にぴったりのレイアウトにたどり着けると思います。

-----

では次にキッチンの素材について。
たとえば、うちは家具工場なので木のキッチンを作っています。


こうお伝えした時にみなさんイメージされるのは、キッチンの扉のことじゃないでしょうか。
確かに扉ももちろん木で作っているのですが、
うちの木のキッチンは中身の構造も全部本物の木、いわゆる無垢材でできています。


中身まで無垢の木でがっちり組んである木製キッチンなんですが、
これは特殊な例でして、世の中の大半の方はシステムキッチンを使われていると思います。

では、システムキッチンの中身はどうなっているのでしょう?考えられたことがありますか?
インテリア的に重要な扉の表面に貼ってある材質ばかりに目が行って、
キャビネット本体や、扉の心材にまでなかなか目が向かないと思うのですが。

多くのシステムキッチンは木質ボードという木のくずを圧縮して作った
水や湿気に弱いパーチクルボードが芯になっているようです。

少しお値段の張るものになると、構造自体もホーローだったりステンレスだったり
こだわられているメーカーさんもあるようなので、この構造の材質によって耐久性はけっこう違ってきますので、
これからキッチンを検討される場合は、ぜひ、扉の表面だけではなく、
本体の材質にも少し着目していただきたいと思います。(ご予算の関係もあるとは思うのですが・・・)

※木のキッチンの耐久性は?とよくお客様に聞かれますが
無垢の家具がアンティークとなって長く使われているように木のキッチンは、耐久性も、ボードのものにくらべるとだいぶん強いと思います。無垢のキッチン、使えば使うほど経年変化していい風合いになっていきますよ。

そうそう、話をもどして、キッチンの扉の素材は何がおすすめか、という話ですが、
油の飛び散りなどを心配される方が多いですが扉は垂直面なので、そんなに心配するほど汚れません。
今回、リフォームフェアに2日間、大手のシステムキッチンメーカー様10社と一緒に出店して
思ったことは、手垢がめだつのは、ピカピカテカテカした塗装がしてあるものでした。

「汚れをはじく」がウリのキッチンは、ぴかぴかの硬い塗装がしてあるので、
営業さんは、一日中せっせとお客様のきれ間をみつけては、ぞうきんで拭き掃除をされていましたよ。
ちなみに、一番汚れをはじかない、うちのキッチン。木製扉、しかも木の風合い重視のオイル塗装のものは一度も拭き掃除をすることなくても、手垢が目立ちませんでした。

反射がないのでほこりも目立たないですし、汚れても汚れが目立たないので
お掃除苦手な人(←つまり私)には向いているとつくづく思いました(笑)

さぁ、私らしいキッチンは、みなさんにとってどのレイアウトで、どんな素材のものでしょうか?

そして、キッチンの素材で一番気になるのはやはり天板、カウンタートップですね。


これは実際に作業をする場所ですので、やはり汚れの問題、お掃除のしやすさなど機能性がつきまといます。また、よく見える部分でもあるので、デザイン性も大切です。

大きくわけるとステンレスにするか、大理石系にするかにわかれると思います。
カントリーテイストで人気のタイルトップや、思いきって木製のトップもあるのですが、少数派ですので今回は割愛しますね。

では、まずステンレス。
機能性でぴか一は、やはり、ステンレスだと私は思っています。
業務用厨房で使われていることからわかると思いますが、汚れ、熱に強く、においやシミなども付きにくく、衛生面も安心のステンレスです。ひと昔前の傷が気になるピカピカステンレスと違い、今はステンレスの仕上げ方法もいろいろあります。


ヘアライン仕上げ、エンボス仕上げなどが主流かと思いますが、うちのお店ではバイブレーション仕上げという最初からわざと細かくランダムに傷を入れたマットな仕上がりのものが、艶がなくて木製キャビネットと相性のいいので人気です。
ステンレスといえばモダンなキッチンのイメージがあるのですが木も意外とよく似合うのでよくご提案させてもらっています。

デザイン性でいうと、ステンレスはどうしても銀色になってしまうので大理石が人気です。あえて、大理石と呼ばせてもらったのには理由があって、その中でも3種類、全く別物にわかれます。
一般的に現在一番使われていて、キッチンの天板といわれてすぐにあたまにうかぶのは、人工大理石ではないでしょうか?


人工大理石は色柄も大変豊富でデザイン的に使いやすく、また機能面もそこそこいいので、とても人気の素材です。見たことない方はおられないと思います。
よく、大理石を材料にして作った人工的な石 と思われている方も多いようですが。これは大理石という高級感ただよう名前に騙されがちなのですが、実は、100%樹脂です。
アクリル系 または ポリエステル系 に二分されるのですが合成樹脂、つまりプラスチック素材でできています。
大分性能もよくなってきてると聞きますが、樹脂なので一口に人工大理石といってもグレードによって性能に違いがけっこうありますので、汚れは沁みないのか、熱い鍋を置いても大丈夫なのか、樹脂なので長年使うと黄ばんで来たりしないのか、などどんな人工大理石を使ってある商品なのかよく確認されたほうがいいです。 ミヤカグで使用している人工大理石はデユポン社のもので特にすぐれた性質を持つ樹脂を使ったものなのでご安心ください。


そして、とにかく美しくて高級感も感じられるのはやはり天然石です。本物の石です。天然のものゆえに大きいサイズだと途中で継ぎ目が入ったり、石の表面が多孔質で汚れが入ったりと欠点もありますが、質感はほんとにいいので、やはり本物志向の方、輸入住宅などインテリアにこだわられている方などは天然石を選ばれます。ミヤカグのショールームに展示しているキッチンも、この本物の石を使ったトップをのせていますので、うちで作るキッチンは、天然石もよく使っています。

そして、最近、少し手が届くお値段になってきたので、目にすることが多くなってきた人造石


まぎらわしいですが、エンジニアドストーンとか、クォーツストーンと呼ばれる新素材があります。これは、人工大理石とは違い、90%以上が天然石で、それを固めた素材で、汚れやすさ、もろさといった天然素材の欠点を克服しつつ、天然石の質感や風合いをもつといういいとこどりの素材です。これはご覧になったことがある方はまだ少ないのではないかなぁと思い今回の展示キッチンに使ってみましたので、ぜひ、ご覧になってください。かなりおすすめの素材です。(現在、ショールームに展示してあるキッチンに使用しています)

いずれも、大理石系だと色がらが豊富な中から選べますので、お部屋のイメージに合わせてデザイン性を重視して選んでいただけます。

ほかにも、皆さん必ず悩まれるガスがいいのかIHがいいのか、それともラジエントヒーターがいいのかなど機器の話。壁面はキッチンパネルかタイル貼りか、使いやすい水栓の話、ワークトップの高さは?などいろいろ選択肢として知っておいていただきたい情報があるのですが、後半部分で実例写真をたくさん見ていただきながらその都度説明していけたらと思います。

もう一つだけ、私らしいキッチンをさぐるためのポイントをみつけてみましょう。

キッチンの仕様、ハード面の話ではなく、今度はソフト面、キッチンの使い方 の話です。キッチンで何をするか。いろいろされる方もあるとは思いますが100%全員の方が、お料理を作られますよね。

お料理を作って、盛り付ける場所 これがキッチンのメインの役割です。
みなさん、キッチンに立ってどんなふうにお料理していますか?


もしかしたら立たずにイスや車いすに座ってされる方もおられるかもしれませんね。それならそれでそれ用のキッチンの作り方があります。

調理の仕方、盛り付け方のパターンもきっと人それぞれ。そのスタイルによって必要な作業スペース、または調理機器、そして食器たちの収納の状態が変わってきます。それに応じたキッチンが使いやすいキッチンとなります。

さぁ、みなさん、お料理、どんなふうにしてますか?

とお聞きしてもなかなか答えづらいと思いますので、少し具体的に聞いてみましょう。
主婦の味方、お財布に優しいお肉 手羽元 にしましょうか。


この手羽元、今日はこれを調理するとしましょう。唐揚げでも、最近はやりのノンフライヤーでも、煮込み料理でもオーブン料理でもなんでもいいのですが、皆さんなら何にするか考えて、何かのお料理にして、今夜は家族みんながそろう晩御飯だと想定していつものお気に入りのお皿に盛りつけてみてください。
はい、盛り付けましたか?

我が家は、子どもたちも食べ盛りなのでけっこうな量がいるので、揚げたりするのがめんどくさいのでオーブンにお任せすることがおおいです。


みなさんの頭の中に盛り付けていただいた手羽元は、どっちのパターンでしたか。
 Aの 個別盛り派  と Bの 大皿盛り派 
どちらのパターンかで、盛り付けに必要な作業スペース、そして日頃よく使う食器たちの収納の状態が変わってくると思います。

なんでも個別盛りをする派の方は小さ目の器、小鉢を家族の人数分、沢山の種類を持たれていることでしょう。そうなると、断然、食器は引き出し収納が便利です。
一方、大皿盛りの方は大きなお皿や鉢を毎日取り出しやすい場所にうまく収納する工夫がいりますよね。よくお皿を立てて収納しましょうというのを見るのですが、あれは大皿盛り派の方の収納ですよね。個別盛りの方は立てて収納した皿をとりだすよりも、同じ種類の皿は重ねて収納したほうが、だんぜん取り出しやすいですから。

 盛り付けひとつ例にとっても、キッチンプランは変わってくるのがわかっていただけたでしょうか。ご家族が夫婦二人の方と食べ盛りの子供がたくさんおられる方では必要とするものも場所も違ってきます。

もっと細かいところでお料理の仕方などにもよってプランは変わります。

たとえば漬物を付ける人は漬物のたるをおく場所が、パンを焼く人は、オーブンやこね機や発酵器など機器の置き場所が・・・お弁当を毎日作る人はお弁当グッズの置き場所が。
お片付けは食洗機をつかうのか手洗いか、洗ったお皿はどこに仮置きするのか・・・などなど 人によってお料理の仕方によって使いやすいキッチンが変わってくるのです。
自分なりの暮らしスタイルを大事にしてキッチンをプランしていくと、本当に使いやすいキッチンになり、そのキッチンを使うのが楽しくなり、キッチンを中心とした快適な暮らしになると思います。
これから先ずっと自分が使っていくキッチンを、自分流にプランする作業は、主婦にとってとっても楽しい作業です。今までの経験やアイデアをもとにご相談に乗りますのでぜひ、一緒にプランしてキッチンを中心とした快適な暮らしを手に入れましょう。








ミヤカグサイトで使用している写真・イラスト・文章の無断転載はできません。
各種お問い合わせはお問い合わせフォームからお願いします。

All Rights Reserved. Copyright (C) MIYAKAGU Corp.

有限会社宮本家具工業所
〒731-5106 広島県広島市佐伯区利松3-5-19
TEL 082-928-1133 FAX 082-928-1131