お店日記・雑貨 一覧

心地いい暮らしインテリアフェア 開催のお知らせ

2/9(土)から、催事『心地いい暮らし インテリアフェア』が始まります。
3月31日までの長期開催になりますのでごゆっくりご来店くださいませ。

「インンテリア=心地よい暮らし」のコンセプトでお客様の家づくりに伴走させていただいている ミヤカグですが、
この春は特に心地よいインテリアづくりを応援できるようなフェアを開催いたします。

フェアの詳細はお知らせのページをご覧くださいませ。

 

—————————
ミヤカグってどんなお店? 気になる項目を↓クリックしてみてください (HPに飛びます)

名称未設定-1

名称未設定-2

名称未設定-3

名称未設定-4

 


チェアを語る(3)とにかく軽いイス

現在ミヤカグショールームには30種類以上のダイニングチェアを展示しています。
チェアは座り心地が大事なので、なるべく実物に座ってみて
決めていただきたいと思っているためです。

その30脚のチョイスは、日本中のイスを作られている工房さんの中から
私たちコーディネーターがチョイスしてきたおすすめのものばかりです。

ブログでそんなおすすめのイスを語っていこうと思ってシリーズ化したものの
(2)で止まってしまっていました。

チェアを語る(1) 身体にめちゃくちゃフィットする板座のイス
チェアを語る(2) ミヤカグで一番お高いイス 極上の座り心地

 

ときて、今回の第三弾は、 とにかく軽いイス
というテーマでご紹介させていただきます。

 

お店に、いすを探しに来られる方に「軽い椅子がいい」とご相談されることが多々あります。
現在お持ちのイスが重すぎて使いにくくて買い替えたいという声は多いです。

そんな時に私のおすすめの軽い椅子はこれとこれとこれです。
と3脚ご提案するイスがあるのですが、今日はその中でも一番の人気者のイスをご紹介します。

 

それはこちら。

 

福岡県のナガノインテリアのイスです。

2017年のグッドデザイン賞受賞のイス。

とにかく軽い。
その軽さの秘密は、座面がダイメトロールという新素材を使ってあり
板が貼ってないのです。それにより、チェアの軽量化と底づき感のない掛け心地を実現されています。

あと、一番の特徴は軽いがゆえにできることですが
アームをダイニングテーブルの天板に掛けることができるハンギング機能をもっているところ。
これはお掃除楽々でおすすめです。

形状も、人気のちょい肘(ハーフアーム)なので、出入りもしやすく、

立ち上がる時の支えにもなってくれて、高齢者にも優しいチェアーです。

 

また、座カバーはマジックテープで固定する方法で、簡単に取り外しできます。
布地は約120種類から選んでいただくのですが、その中で半分くらいが
ウォッシャブルOkな布地なので、ご家庭で気軽に洗濯することができます。

これならお子様がおられるご家庭も安心ですね^^

 

 

というわけで今日ご紹介したのは
「軽くて底つき感のない座り心地のいいチェア」しかも「ハンギング機能ありでお掃除楽々」です。

是非、一度座り心地を確かめにいらしてください^^

とってもいい椅子です!

 

お知らせ

年末年始休業 12月25日(火)から1月4日(金)ご迷惑おかけいたします。

 

 

 

ミヤカグってどんなお店? 気になる項目を↓クリックしてみてください (HPに飛びます)

名称未設定-1 名称未設定-2

 名称未設定-3 名称未設定-4

 


ソファは布派?革派?それとも合皮派?

あなたは革派? 布派?
こちらのソファ、ガチっとしたバケットタイプの座り心地が人気のハイバックソファ。

 

 

店内の展示はオレンジっぽく見える明るい茶革で展示していますが、
実際は革なら13色、布なら20種類の中から選べます。 さらに木部の塗装色も変更可。

うーーん迷っちゃう~ といいながらお客様と一緒に選んでいくのですが、
完成した実物を見ると「いいわーーこれ、選んだ人センスいい!」と毎回一人で大絶賛(笑)

革選んでも布選んでもどの色選んでも・・・これをおうちに置くだけですごいオシャレ感を醸し出して
自慢の空間にしてくれるとびっきりソファです。

色選び次第で、北欧インテリアにも、ナチュラルインテリアにも、モダンにも、そしてなんと和室にもあうんです。

色選び、迷われたらアドバイスさせていただきます^^

さて、ところであなたは革派? 布派?

ここでまじめに革と布の考察をしてみたいと思います。
こればっかりはそれぞれの感性なのでどちらがいいとも言い難いのですが
私的にはこんな風にそれぞれのメリットデメリットを感じております。

 

まず、

そのメリットは その高級感とかっこよさ!
ほこりやダニのつきにくさ。
しっとり肌触り。

お手入れが~という意見も散見されますが、本革ソファには二種類あるのご存知ですか?
顔料仕上げと染料(アニリン)仕上げ。

こちらのソファに使われている革は顔料仕上げなので
コーティングされているので、汚れにくく、メンテナンスが簡単です。
しいていえば、時々専用のクリーナー&プロテクターでお手入れしてやれば
より、きれいに使えるかな、でもしなくても大丈夫という感じでOKです。

これとは違うタイプのソファには、アニリン仕上げの革も選べるものもありますが
そちらは、コーディングがないのでちょっと手のかかる、、、でもかわいいやつという感じ。
メンテナンスが必要ですが、その質感、しっとりした気持ちよさは◎です。

革のデメリットはどうしても価格が・・・という点です。

次に、

こちらのメリットはバリエーションの多さと、
個人的には 摩擦があることが一番のメリットと感じています。
適度な摩擦により、座っていても身体がずれにくいので
長く座って疲れにくいのがおすすめポイントです。
座り心地で言ったら革より布の勝ち、かなと思っております。
また、見ためのやさしさは、ナチュラルテイストなインテリアなどには
ぴったりくると思います。

デメリットは、牛乳こぼされたりしたら悲しいことでしょうか。
小さなお子様がおられる場合は、カバーリングタイプの布ソファなら
ありですが、張り込みタイプはちょっと敬遠したいかも。

そんな時におすすめなのが 合皮

合皮のメリットは汚れに強く遠慮なく拭けること。
耐久性に関しては、最近の合皮は合皮のメーカーさんに言わせると
「革を超えた!」とまで言われるほど強くなってきております(※)
ただ、合皮のデメリットは、
夏場など汗をかく時期のべたつき、でしょうか。

価格的なことを検討すると、本革にくらべると
布と、合皮はお手頃におさえられるというメリットがあります。
こちらのソファ3人掛けだと、本革と布&合皮では4万円以上の価格差がでてきます。

(※)
ただし、輸入品のソファなど安価なソファに貼られている
合皮は要注意!
弊社は家具の修理をやっているので、他店で買われたソファの
張替えご相談もたくさん承りますが、購入してたった数年で
バラバラと剥げ落ちてきているソファなども目にします。
あまりに安価な合皮のソファは、想像以上に持たないのでお気をつけください。

以上

ソファは 革派? 布派? それとも合皮派?というお話でした。

ミヤカグスタッフは全員インテリアコーディネーターなので
みなさまの暮らしやご家族構成に合わせて、どちらがおすすめか、アドバイスさせていただきますので
お気軽にご相談くださいませ。

 

 

ミヤカグってどんなお店? 気になる項目を↓クリックしてみてください (HPに飛びます)

名称未設定-1 名称未設定-2

 名称未設定-3 名称未設定-4

 


ギャッベが山ほどやってくる展・まとめ買いがお得フェア・学習机&リビングカウンターフェア

こんにちは。
ただいまミヤカグ店内ではいろいろと、フェア開催中です!

ーーーーーー■■ーーーーーー■■ーーーーーー■■ーーーーーー■■ーーーーーー■■ーーーーー

毎年恒例ギャッベが山ほどやってくるフェア。 25日まで。
大きいものから小さいものまでとにかく山ほどやってきています!!
ギャッベは高額なのでうちみたいな小さなインテリアショップはたくさん在庫をもてません。
なので、せめて年に一度は!!と輸入業者さんにお願いして、1ヶ月弱もの長期間、山ほどお借りして展示します。
※最後の週末(11月24(土).25(日))は搬出を兼ねて輸入業者さんも来られてますので交渉次第で
 私たちよりも思いきった値引きをしてくださるかも?かも?? ←ここだけの秘密情報です。
 ギャッベについて、マニアックな質問などもじゃんじゃんしてください。

今年は、昨年までの会場の3倍の広さでゆったりと見ていただけるようにしてみました。
昨年の「山ほど展」から一年間、ミヤカグで展示していたものに関しては特別ご奉仕ということで
半額近くにさせてもらっているものもございます。
人気の座布団サイズや玄関マットサイズもいろいろ届いております。憧れのギャッベをいつか我が家に・・・と思われている方。
ギャッベの選び方は絵画と一緒で、びびっと来るものに出会った時が買い時です。

すべて一点ものにつき、出会いのチャンスが多いお早めにご来場くださいませ^^
大好評、ご自宅試し敷きサービスも!
今、大人気であちこちでギャッベを目にする機会が増えましたが・・・
ギャッベは天然素材の手織り絨毯。冬温かくて夏はさらっと涼しく一年中使えて、
しかも耐久性は100年ともいわれる一生もののラグ。
天然素材を語らせると自称ナンバーワンのインテリアショップの私たちとしては、ぜひ、ミヤカグのお客様におすすめしたいアイテムです♪

 

現在こんなに山ほどやってきてます!

 

草木染めして手織りしてあるひとつひとつ表情の違うギャッベ。
こんなにたくさんあると見るだけでもテンションあがっちゃいますよ。

 

ーーーーーー■■ーーーーーー■■ーーーーーー■■ーーーーーー■■ーーーーーー■■ーーーーー

もうひとつ同期間でまとめ買いがお得セールも開催!

2BUY 5%OFF (例えば①ダイニングテーブル②イス数脚)
3BUY 10%OFF ( 例えば①ソファ②ベッド③カーテン)

ダイニングテーブル、チェア、ソファ、テレビボード、センターテーブル、ベッド、カーテンなどなど。
おまとめ買いのお客様、是非この機会に。お引越しまでお預かりもOKです。

また、隣接の雑貨屋の雑貨全品(ハンドメイド含む)照明、時計、アイアンも10パーセントオフやっております^ ^

 

 

ーーーーーー■■ーーーーーー■■ーーーーーー■■ーーーーーー■■ーーーーーー■■ーーーーー

学習机・リビングカウンターフェアいまがシーズンまっさかり♪ (こちらは1月末まで継続します)

木質感のしっかりしたもので、なおかつ作りがしっかりしていて、コスパの高いデスクばかり。
私たちが自信を持ってお勧めできるものをセレクトして展示しています。
北欧パイン材、ウォールナット材、白樺材、楠材、アルダー材などいろいろな材料の
シンプルな木のデスクを取りそろえています。

最近人気のリビングデスク、リビングカウンターもご相談にのります。

木材が選べたり、塗装色が選べたり
組み合わせもいろいろ選べるので、もちろんこの写真限りではありません。

セット売りではなく、単品販売なのでデスクのみ、本棚のみなど
最初はリビングに置いてリビング学習を・・・という方にも喜んでいただいております。

 

ミヤカグのショールームスタッフは全員インテリアコーディネーター資格者です。
家具はもちろんのこと、床、壁、カーテン、照明など天然素材をメインに使いつつ、
ナチュラル感を大切にしたコーディネートを手がけています。

ふらっと立ち寄って「ちょっと聞いてみるんですが~」が気軽にできる広島一敷居の低いコーディネーターを目指しています。
プロのアドバイスを聞きながら効率よく、自分たちのイメージを固めていくことができます。
こんな選択肢がありますよ、といろいろご提案させていただけると思います。
ご予算のかけどころのメリハリ、使い勝手とおしゃれ感の両立。なんでもお気軽にご相談ください。

 

 

 

ミヤカグってどんなお店? 気になる項目を↓クリックしてみてください (HPに飛びます)

名称未設定-1 名称未設定-2

 名称未設定-3 名称未設定-4


学習机&リビングデスクフェア&本棚フェア開催中

毎年恒例、9月末からの学習机&リビングデスクフェアが昨日より始まりました!

このフェア、もう15年以上毎年やっています。
毎年たくさんの方にご入学前のこの時期にデスクをご購入いただいています。
ミヤカグの特徴的なデスクといえば「親子でDIYデスク」
木工教室に参加してたった二日で一生もののデスクがつくれるというもの。
こちらは定番人気の商品で、もう1000組以上のご家族に作っていただいています。
HPに顔出しで感想載せてくださっている家族だけで600組をゆうに超えています!  >>DIYデスクが気になる方はこちらへ

と、デスクのお話なんですが、その前に。

そもそも、学習机は必要か? という話について
ちょっと触れてみようと思います。
長年デスクを販売している家具屋としてはこの話題は触れたくないと思われがちですが(笑)

つつみ隠さずいえば「デスク、買ったけど使ってくれないよね~」
そんなママの声もたくさん聞こえてくるのが現状です。

そこで、最近のデスクの売れ行きや流行の傾向を分析してみると。

デスク買う派  と  買わない派 にくっきりぱっきり分かれています。

<デスク買う派>
・どうせ買うなら大人になっても使えるシンプルなデザインで長持ちするデスクを購入
・最初はリビングの隅っこに置いて、のちのち子供部屋に移動させる方も多い
・ぶっちゃけると一年生からは必要ないと思ってるけど、祖父母からのお祝いでこの際購入しときたい
必要になったタイミングで購入(高学年、中学入学のタイミングで買いに来られる方も多いです)
親子で作るという思い出をつくりたくて(これはミヤカグのお客様独特の意見ですが・・・)

 

<デスク買わない派>
・ダイニングで勉強するのでいらないが、ランドセルや荷物を置く棚だけは確保したい
・リビングにだれでも使えるカウンター的なリビングデスクがすでにある
・備え付けのカウンターで勉強するために高さ調整のイス収納ワゴンだけ購入したい
・家族みんなで使えるような本棚のいっかくに教科書置き場を作る

 

と、ミヤカグに来られるお客様はデスク買う派とデスク買わない派に二分されます。
いろいろな話を聞いてみると、「中途半端なデスクはいらない」という意見が圧倒的です。
どうせ買うなら、
子どものうちだけ喜ぶようなキラキラしたデザインや、すぐに壊れてしまうような安価なものは
買いたくない。という意見が主流になってきています。
また、
ミヤカグのデスクはアイテムがばら売りなので
いろいろと既存の家具やリビングのインテリアとのコーディネートの相談ができるので、
デスク買わない派の方もけっこう相談に来られます。
そもそも、ご入学のタイミングではなく
ご新築のタイミングなどでオーダーサイズでのリビングデスクの相談をされる方も多いです。

というわけで
デスク買う派の方も、デスク買わない派の方も。

9月23日より1月末まで、
学習机&リビングデスク&本棚フェア 開催中です。
期間中に、デスク関連アイテム(机、本棚、デスクチェア類)を8万円以上お買い上げで
LEDデスクランプ または 木の丸椅子 プレゼントさせていただきます♪

 

おすすめ! シンプルな大人になっても使える木のデスク

家族みんなの共有スペースリビングデスク好適デスク (スペースに合わせて大きさ変更可)

 

 

また、ミヤカグならではの人気サービスも!
オプションの手形焼きペンサイン。
安心6年間保証
天板メンテナンス1回無料

 

ミヤカグのデスク >>最新webカタログはこちら

 

facebookのほうでは最新情報を随時お知らせしていますので、
facebookユーザーの方はぜひ、いいね!をお願いします^^ >>facebookミヤカグページ

 

ミヤカグってどんなお店? 気になる項目を↓クリックしてみてください (HPに飛びます)

 

ミヤカグってどんなお店? 気になる項目を↓クリックしてみてください (HPに飛びます)

名称未設定-1 名称未設定-2

 名称未設定-3 名称未設定-4


みつけた!シンプルな木の机

今年もデスクのシーズンがやってまいりました。

ミヤカグでは9月23日より、1月末までデスクフェアを開催いたします。

ミヤカグのデスクのキャッチコピーは「みつけた!シンプルな木のつくえ」
大人になってもずーーっと使いたい、なるべくシンプルな形・デザインで
木の良さを生かしたデスクばかりを集めています。

今シーズンのおすすめデスクは5つの木材の「木の机」

今日はその木材について、少しお話したいと思います。
ミヤカグの店内のデスクやテーブルの上には

「木のぬくもり 触ってみてください!」というPOPが置いてあります。

それぞれの木材の特徴、良さをぜひたくさんの方に知っていただきたいという
思いで、ひとつひとつ、私が手書きしております。

ぜひ、そのPOPを見ながら、実際に、天板をすりすりしてみてください。
きっとそれぞれの木材の特徴が指先から伝わってくると思います。

 

◎北欧パイン材

パイン材はあたたかい木でやさしい手触り。
木目・節がしっかり出るナチュラルテイストなイメージの木です。
木目のゆらぎは癒し効果もあります。
色乗りのいい白木なので着色してデザインしやすい木です。

◎くすのき材

触ってみて、というより匂ってみてください!!
楠の最大の特徴はこの木の香り。天然アロマと呼ばれ、いやし、集中力UPの香りです。
まさにデスクにぴったりの木材です!!
木目はとっても大胆でかっこいいです。

◎白樺材

シラカバは木肌が白くて美しい木。木目に入り皮のような褐色の筋が現れるのが特徴です。
天然木らしいナチュラルな仕上がりとなります。
触り心地もいかにも木という感じの心地よい木です。

◎ウォールナット材

大人気のウォールナット材はとってもさらさらしたきめの細かい触り心地の木。
人気の理由はこの渋い色目。かっこいいインテリアを目指す方におすすめです。
大人の書斎机にも!

◎アルダー材

北欧スタイル、ナチュラルスタイルと相性のよい明るい色目の木材です。
触り心地はきめの細かいサラサラした木。優しい印象を与える木目なので
子供部屋や、寝室など落ち着ける場所にぴったりの木材です。

どうやったらそれぞれの木材の特徴をみなさんにお伝えできるかなぁと頭をひねって書いた文章と
なかなか色味が写真では難しく、がんばって実際に近づけれるよう加工した画像です。
無断でまとめサイトや他サイトなどにコピペ、転載しないでくださいね~

 

本物の木って、ほんとにいい素材です。

そして、集中してお勉強する(←親の希望的観測)デスクだからこそ
木のつくえ、おすすめです。
ぜひ、お子様の本物の木の持つすごいパワーを感じていただきたいと思います。

今年のミヤカグデスクはこの5つの樹種のラインナップです。
すべて、セット売りではなく必要なもの、必要アイテムのみの購入が可能なので
お部屋の広さ、レイアウト、ニーズに合うように組み合わせていきます。
(アイテムは上記の画像にうつってないものもあります)

ぜひ、実際の質感をお確かめに店舗にいらしてください。

なお、あさって9月22日に関しましては、
店内の展示デスクがすべて出張にでます(笑)
せっかくご来店いただいてもデスク展示がございませんのでお気をつけくださいませ。

出張先は

キッズ 博覧会 2018 in HIROSHIMA ■主催/広島リビング新聞社

広島県立産業会館にて。入場無料です。
22日(土)は、産業会館でお待ちしております。

 

ミヤカグのデスク >>最新webカタログはこちら

 

facebookのほうでは最新情報を随時お知らせしていますので、
facebookユーザーの方はぜひ、いいね!をお願いします^^ >>facebookミヤカグページ

 

ミヤカグってどんなお店? 気になる項目を↓クリックしてみてください (HPに飛びます)

 

ミヤカグってどんなお店? 気になる項目を↓クリックしてみてください (HPに飛びます)

名称未設定-1 名称未設定-2

 名称未設定-3 名称未設定-4


ダイニングの照明選び。

時々更新。
インテリアショップで働くインテリアコーディネーターのお仕事日記。
今日のお客様はダイニングの照明を探しに。
 
ダイニングテーブルの上と、ソファの上に、丸いシーリングライトを何も考えずに購入してつけていたけど・・・
あとでよく考えてみたら、もう少しおしゃれな照明にすればよかったなぁと思って。。。 とご相談いただきました。
お客様はダイニング側も、リビング側も変えたい意向でしたが、
部屋全体の広い範囲を明るく照らす シーリングから、両方を急に変えると、暗く感じやすいと思うので、
とりあえず、ダイニングのほうだけ変更して様子を見ることを提案。
私たちの世代って、明るいのが一番!という蛍光灯ばんばんの家庭で育ってるので
明るいところと暗いところのメリハリのついたおしゃれな照明計画では、 暗く感じてしまう世代でもあります。
海外のインテリアでは アリ でも、日本人の感覚では 暗い になりがちなことも説明しつつ、
ダイニングテーブルの上に垂れ下がってくるペンダント型をご提案。
 
レール工事なしで簡単に付け替えれるように
ひっかけシーリング一つで、数灯下げれるタイプの照明器具を選ばせていただきました。
<注意すべき点・アドバイス>
シェードの形は光源が直接目に入らないような全体的に覆われたデザインが光がいいかも。
上にも拡散していくような全体配光タイプのほうがシーリングからの付け替えで違和感を感じにくい。
お好みをヒアリングしてみてガラスのものがおすすめ。
シェードの位置は、教科書的にはテーブル天面から80センチくらいですが、小さいお子様がおられるので、テーブル80センチでは少し邪魔になるかも。
まずはダイニングのライトを変えてみて、ゆくゆくはリビングも変えるとして、リビングにどんな感じの照明をつけるかもイメージしつつダイニングの照明を決める。
 
など、アドバイスさせていただきました。
 
最初は全然イメージをもたれてなかったお客様ですがお話ししていく中で
ご夫婦でいろいろと意見がでて、方向性が決まっていきました。
 
照明えらび、難しいですよね。
照明のカタログはいつでも自由に見ていただけるように数冊ショールームに出してありますので
いつでもご覧いただけますが、見るだけではいろいろイメージがわかないと思うので
アドバイスさせていただきますので、是非お声掛けください^^
 
 
    

facebookのほうでは最新情報を随時お知らせしていますので、
facebookユーザーの方はぜひ、いいね!をお願いします^^ >>facebookミヤカグページ

 

ミヤカグってどんなお店? 気になる項目を↓クリックしてみてください (HPに飛びます)

 

ミヤカグってどんなお店? 気になる項目を↓クリックしてみてください (HPに飛びます)

名称未設定-1 名称未設定-2

 名称未設定-3 名称未設定-4

 

 


ダイニングセット選び。

時々更新シリーズ。
インテリアショップで働くインテリアコーディネーターのお仕事日記。
 
今日のお客様はダイニングテーブルを探されているとのこと。
「もうあちこちの大きい家具屋さんを見て回ったけど思うものがないの。」 と。
お聞きしてみると、探されているテーブルは 200センチ×90センチ 高さが63センチくらいの低いものを。
そして、引き出しのあるもの。 普段は一人で使うけど、時々10人ぐらいで使いたい。
イスは あまり重くなくて、立ったり座ったりが楽なもの。
お掃除が楽なもの。 片方はベンチでもいいのかな?  と。
こういうニーズにお応えして、一緒に家具選びをするのが私たちのお仕事です。
その条件にこたえるテーブルは何パターンか既製品からもご提案できますし、
それでピンとこなければイチから図面を引いてオーダーでおつくりすることも可能です。
 
<この場合のいくつか注意する点・アドバイス>
 
イスはテーブルにあわせて低めのイスが必要なので脚をカットして高さを調整させていただく。
引き出しをつけるということは、幕板の厚みが厚くなるので、座面と幕板の間の脚をいれるスペースが狭くなるので引き出しの深さ注意。
イスがあまり低くなると、将来、膝が痛くなったりしたときに立ち上がり動作がちょっとしいんどいので、お客様のご希望のテーブルの高さ含め、高さのことをよく考えて設定。
もし、ベンチをコーディネートする場合は出入りのしやすいテーブルの脚の形をチョイスすること。
テーブルの色目、樹種は? などなど。 お話をすすめながらお客様の意向をいろいろと確認しながらアドバイスを^^
 
結局、 ウォールナット材の4本足(丸脚)の浅い引き出しが4杯ついているセミオーダー対応が可能なテーブルをご希望のサイズでご提案させていただきました。
イスは回転するもので、かといって、よくある大きくて重くて和な感じではなくすっきりしたデザインのものを2脚。
小さなお子様が来られることもあるので拭き掃除ができる合皮のものを。
あと、お掃除のときには机にひっかけることのできるちょい肘がついているとっても軽量なチェアを4脚。
チェアの布地は二脚ずつあえて違う張地を選んでアクセントに。布地はカバーリングでウォッシャブル対応の布地を。
それに、来客用にスタッキングできるスツールを数脚。 というご提案をさせていただきました。
 
「こんなに具体的なアドバイスをもらったのは初めて! 何軒もまわっても全然決めれなかったのにおかげであっという間に考えてもまとまったわ。」
とコーディネーター冥利につきるうれしい感想をいただきました。
毎日必ず使うダイニングテーブル選び。 使いやすさも、おしゃれさもどっちも大事です。
店頭に並んでいるものからさっと選ぶだけではなく、ぜひぜひ、
プロに相談していただきたいアイテムのひとつです。
プレゼンボードなどの資料だけではなく、イスなど座り心地を実際に試してもらえるところがショールームをもつインテリアコーディネーターの強みです。
特にダイニングチェアに関しては、全国あちこちの工房さんから、おすすめのチェアを取り寄せ、約30脚展示がありますのでぜひ、いろいろ座り比べてみてください。
 
テーブルとイスの高さ関係は調整させていただきます^^

facebookのほうでは最新情報を随時お知らせしていますので、
facebookユーザーの方はぜひ、いいね!をお願いします^^ >>facebookミヤカグページ

 

ミヤカグってどんなお店? 気になる項目を↓クリックしてみてください (HPに飛びます)

 

ミヤカグってどんなお店? 気になる項目を↓クリックしてみてください (HPに飛びます)

名称未設定-1 名称未設定-2

 名称未設定-3 名称未設定-4

 

 


本格木工 親子で2wayシェルフを創ろう!

毎年夏に開催しております。
本格木工教室。今年も暑い中無事終了いたしました!

何が本格かといいますと。
木工機械を使って、冶具というものを使って精度を出して
ネジが丸見えじゃない組み方でシェルフを作っていただきます。
いわゆる日曜大工だと、釘やビスが丸見えだと思うのですが
家具は普通、ビス頭が見えないものです。
そんな本格なやり方で作ってみます。

創るシェルフはこちら。

卓上でも壁掛けでも使える2WAYシェルフという優れもの!
壁掛けにして一番下にフックでもつければとてもかわいいです。

2wayシェルフ

 

 

今年で10年目のこの教室。
毎年暑いのですが今年の猛暑はひときわ暑い!
そんな中、弊社工場内でみなさんがんばられました。

名称未設定-3

 

まずは、手のこ で扱いやすい大きさに切ります。
親子で協力してゴリゴリゴリ いきなり汗、噴き出る!!

用意されているこのシェルフのための冶具(つまりオリジナル型紙)を利用して
今からカットする場所や穴をける場所をけがいていきます。

(木工用語ではけがくというんですが、つまり鉛筆でしるしをつけていきます)

それからボール盤と呼ばれる穴をあける機械や
トリマーと呼ばれる飾り面取りする機械や
技術家庭科で使ったことのある糸のこ盤などで加工していきます。

そして、各パーツの加工が終わったら木工ボンドとビスを使って組み立てていきます。
電動ドリルもなかなか使うことないのでみなさんドキドキです!
プロ用のハイパワーの電動ドリルなので結構重くて迫力あります。

そして最後にお好きな色のオイルで塗装していよいよ最終段階。
全部で3時間くらいかかる大仕事でした。

名称未設定-2

 

一枚の板から立体をつくっていくというとってもやりがいのある教室です。

冶具というオリジナル型紙を使ってつくるので
みなさんちゃーーんと全員、同じ大きさ、同じ仕様で完成します。

これが、mm単位にこだわる家具職人の精度の出し方です。
家具を作るたびに形が違ってはこまりますもんね!

 

名称未設定-1

 

家族で協力してがんばったぶん完成した時の達成感ったら!
みなさん お疲れの表情  じゃなかったとってもいい笑顔です!

暑い中、ご参加ありがとうございました!

 

昨日のこの教室をもちまして 2018年夏の ちびっこ手作り教室 全15講座
無事終了いたしました。
全部の講座で 116名のちびっこたちが ワークショップに参加してくれました。

手作り系インテリアショップのミヤカグは
「ものづくりって楽しいなぁ」という体験をたくさんの方にしていただきたいと思っております。

9月以降はまた、おとなむけのワークショップ 「すてきな暮らし塾」通常版にもどります。
芸術の秋! こんどは大人の皆さんがたのしみましょう。

日程決まり次第おしらせいたします。

 

facebookのほうでは最新情報を随時お知らせしていますので、
  facebookユーザーの方はぜひ、いいね!をお願いします^^ >>facebookミヤカグページ

 

  ミヤカグってどんなお店? 気になる項目を↓クリックしてみてください (HPに飛びます)

 

ミヤカグってどんなお店? 気になる項目を↓クリックしてみてください (HPに飛びます)

名称未設定-1 名称未設定-2

 名称未設定-3 名称未設定-4

 

 

 


チェアを語る(2)

ブログでチェアを語るシリーズをやっていこうと思って
第一回を書いて以来、あっというまに2か月も経過してしまいました(汗)

その間、
あ、これ ブログで紹介されてたイスですね って何度かお客様にお店でお声掛けいただいて
とってもうれしかったです。

というわけで、おくればせながらの第二回目いきたいと思います。
現在30脚くらいのイスを展示しているので、
このペースで紹介していくと5年もかかってしまいますが・・・このシリーズ続けていきたいと思います(笑)

7月はちょうど「チェア座り比べフェア」というのをやっていまして
通常は、店内のあちこちに、ダイニングテーブルと合わせて展示しているチェアを
この一か月間は、主要なものをずらーーっと並べてチェアコーナーを作って
座り比べやすくして展示しておりました。

こんな感じ。

 

IMG_7846

こんだけイスがずらーと並んでると
さて、どれから座ってみようかな~と迷われると思うのですが
一か月間ひそかにお客様の行動観察してみた結果(笑)

たくさんの人に座られやすい椅子とそうじゃないイスがあります。

たいていまずは、一番前列の真ん中あたりのイスに座られます。とりあえず。

そして、次に、おもむろに移動して、二番めに座られる椅子がだいたい決まってるんです。
それはどれだと思われますか?

正解はこの椅子です。 オメガという名前のイスです。
オーク、ウォールナット、ブラックチェリーで作れます。
↓店内展示はウォールナット+合皮

IMG_7847

 

二列目にありながら、この椅子に座られる方のなんと多いこと!

 この椅子は
実は、当店で取り扱いのチェアの中で一番お値段のはるお高い椅子なんです。

お客さまったら~ みなさんお目が高いんだからっ!!

それだけ、
ほかのイスとは違うオーラを放っているんだと思います。

お高いといっても、Yチェアやザ・チェアやヒロシマチェアなどの有名デザイナーズチェアに比べると
まだかわいらしい?お値段の税込みで6万円台です。

 そして、
こちらのイスに座られた方はみんなこのアームの部分をすりすりと触って
「気持ちいいですね~」と言ってくださいます。

IMG_7848

 

 

 

無垢材の塊をまずはフィンガージョイントでUの字にくっつけてから
それを贅沢に削り出して作られたこの流線形! 手触り、最高です!
制作されている職人さんが、このつくりについてとっても熱く語ってらっしゃたのを思い出します。

↓工場で写した製作途中の写真
ここからもっともっとなめらかに削られていきます。

11

 

そしてこの椅子のいいところは一言でいうとぜいたくな座り心地。
この削り出されたカーブの背中あたりはとってもいい感じ。

そして特筆すべきは座面の底つき感のなさ!
この座面は合板下地ではなく、ウェービングベルトで支えている構造です。
この構造はよくソファで使われるやり方。
ソファのように、長時間座ってくつろげるダイニングチェアなんです!

omega1-600

 

 

そして、見た目はこのうつくしさ。
どうりで、たくさんの方が、実際に座ってみたくなってしまうはずです。
高さを抑えたデザインなので、テーブルと合わせたときに主張しすぎず
お部屋が広く見える効果と、お料理を配膳するのにじゃまにならないという実用性も兼ねています。

そして、この椅子には兄弟分がいまして
セミアームバージョン。(ちょっと肘が短いバージョン)

セミアームだと、テーブルに出入りするのがらくちんです。
そして、テーブルの天板との干渉もしずらいです。
こちらのタイプもとっても人気です。

12

 

ほかにも、語りたいチェアがたくさんあります。

次回、第三弾をお楽しみに~☆

 

facebookのほうでは最新情報を随時お知らせしていますので、
  facebookユーザーの方はぜひ、いいね!をお願いします^^ >>facebookミヤカグページ

 

  ミヤカグってどんなお店? 気になる項目を↓クリックしてみてください (HPに飛びます)

 

ミヤカグってどんなお店? 気になる項目を↓クリックしてみてください (HPに飛びます)

名称未設定-1 名称未設定-2

 名称未設定-3 名称未設定-4

 

 


1 2 3 4 55