未分類 一覧

「すてきな暮らし塾」終わったもの と これからのもの。

週末はリフォームフェアにオーダーキッチンを出展していたのですが
店舗のほうでは、「すてきな暮らし塾」の講座が二つ開催されていました。

なんとも盛りだくさんの週末でした♪

土曜には、午前午後と二回開催で「レジンのこつを教えます!」教室が。

名称未設定-2

 

日曜には、「食用オイルで作る本格手作り石鹸 基礎編」が。

せっけん

 

私はリフォームフェアに行っていたので様子がみれないかったのですが
どちらも、店番していた店舗スタッフに聞くところによると
「とても楽しそうでした~」とのこと。

少し前に開催した陶芸の「モーニングプレート」の時にも思ったんですが
この、すてきな暮らし塾
参加してくださる方はもちろんですが、講師も、ミヤカグスタッフも、
みんなが、わいわいおしゃべりしながらゆっくりものづくりや暮らしにかかわるお勉強などが
できる時間になればいいなぁと思って始めたのですが
まさに、そんな時間になってます。

ついでに、モーニングプレートの時の様子も。

名称未設定-1

 

とにかく楽しい。
そして、参加者の方同志、初対面でもおなじものに興味があって
わざわざ忙しい毎日の中で予定をあけて、お金を払ってまで
こんなへんぴな場所にあるミヤカグにて、同じ時間を共有する方なので
気が合わないはずがなく、意気投合!

出会いの場にすらなっています。

そんな、すてきな暮らし塾、 まだ初めて 3つの講座をこなしただけですが
企画してよかったなぁとつくづく思っています。
これからずーーっと継続してあれこれやっていく予定です。

ぜひ、時間が合う時に、興味がある内容の時に、ご参加くださいませ。
また、こんなんやって~ というご希望などもありましたら
お知らせくだされば、実現にむけてうごきますので^^

講座詳細へのリンクをはっておきますのでクリックしてご覧になってください。

<4月の講座>

4gatu

 

名称未設定-1

4月10日(金)・・・陶芸「大人の白のモーニングプレート」    二回目が同じ内容で6月
4月18日(土)・・・レジンのこつを教えます 基本編 (ネックレス)   少し違う内容で二回目は6月
4月19日(日)・・・食用オイルで作る本格手作り石鹸 第一回 シンプルな白い石鹸   少し違う内容で二回目は5月

ここから下現在大募集中!!
4月23日(木)・・・母の日のプレゼントにも!プリザナチュラルバスケットアレンジ
4月24日(金)・・・手書きでライフプランを書いてみる講座

<5月の講座>

5gatu

 

名称未設定-2

5月13日(水)・・・キラキラスワロフスキーで「グルーデコ」体験
5月17日(日)・・・食用オイルで作る本格手作り石鹸 第2回 無農薬自然農法の米ぬか石鹸
5月20日(水)・・・ちょっぴり革体験小銭入れ(栃木レザー)
5月22日(金)・・・木のキッチンで「パン教室」 ※定員いっぱいになり受付終了
5月27日(水)・・・ほっこり癒しのパステル画☆

<6月の講座>

6gatu

 

名称未設定-3

6月4日(木)・・・ドライフラワーコラージュボード 
6月12日(金)・・・陶芸「大人の白のモーニングプレート」 
6月13日(土)・・・レジンのこつを教えます 基本編 (キラキラグラデーションチャーム)
6月17日(水)・・・革 名刺入れ(栃木レザー)父の日のプレゼントに・・・
6月21日(日)・・・食用オイルで作る本格手作り石鹸 第3回 華やかな香りの石鹸
6月27日(土)・・・手書きでライフプランを書いてみる講座

 

すてきな暮らし塾の会場は、ミヤカグショールーム内のキッズルーム前のスペースを利用します。
お子様連れでご参加希望の方は、一人で遊べる年齢のお子様なら安心してご参加くださいませ^^
11068857_789481151100996_908525217_n
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

4月から6月までの全講座の詳細と、web予約のサイトは

>>こちらからどうぞ

HP入り口用

 

 

facebookのほうでは随時お知らせしていますので、

facebookユーザーの方はぜひ、いいね!をお願いします^^ >>facebookミヤカグページ

 

おまけ☆☆☆★
ミヤカグってどんなお店? 気になる項目を↓クリックしてみてください (HPに飛びます)
101_1538_20130821154154bbc.jpg    297a0219f3d921648327ebba8b1073e2_20130919133348aea.jpg

 

 


リフォームフェアに出展して。木のキッチンについて思うこと。

この土日、中国新聞リフォームフェアに出展いたしました。
今回のリフォームフェアの目玉企画 キッチン大集合のコーナーに
10社のキッチンメーカーの最新キッチンが集結!

8社のシステムキッチンメーカーさんと、2社のオーダーキッチンメーカ-が出展しました。
オーダーキッチンの部は木のキッチンの我がミヤカグとステンレスで有名な松岡製作所さん。
そんな面々が一堂にキッチン展示とは、
零細メーカーとしては、当日までどっきどきでした。
そして、持ち出しできる展示用のキッチンなんてもちろん持っていないので
この日のために、設計から始めて製作し、ぎりぎりで完成。

当日を迎えました。

周り中ぐるり、大手のシステムキッチンメーカーさんに囲まれました。
そんな中で、木のキッチン。
異色で目立ってました^^

10703277_710861858962926_248892875_o

ミヤカグの木のキッチンは、扉だけが木ではなく、構造も引き出しも無垢の木です。
そんな本物の木のキッチン。初めて見るという方ばかりで、大変いい反響をいただきました。
うちのキッチン、見えないところも妥協なく作っていますので、出来上がる様子、見せちゃいます♪

① 3つのキャビネットと天板に分けて搬入
② 現地で合体させていきます
10681729_706354259413686_556810352_n

③ 中身も木でできているキッチン、こんな風になっています! どうですか、この無垢材で組んだがっちり感。
水や湿気にめっぽう弱いパーチクルボードでできている一般のシステムキッチンと比べるとその耐久性たるや・・・
④ クォーツストーンという新素材で作った天板を乗せます。90%以上が天然石というオススメ素材です。
10695353_706343779414734_257261362_n

⑤ 側板をつけて結合部が見えないようにします。
⑥ 今回は4口のリンナイのかっこいいガスコンロを取り付けました。
10699188_706343746081404_1221836466_n

⑦ 水栓パーツを取り付けます。 うちでイチオシでおすすめしているtotoのタッチ水栓。
⑧ 完成です!
10699273_706343752748070_178271656_n

今回の展示キッチンのコンセプトは「家具のようなキッチン」
北欧っぽいデザインの先細りの脚付きのデザインにしてみました。
アイランドキッチンで、対面側にも収納がたくさんです。
10707505_710865638962548_2012811306_o

キッチン側は、使いやすさを追求した機能的な設計です。
今回一番、主婦の皆さんに共感していただいたポイントはまな板を隠しながら干せる棚と
フライパンを一瞬で出せる引き出し。
10708480_708461092536336_254162887_n

他社のキッチンは大きな引き出しがドーンドーンとついてるだけなのに
どうして、ミヤカグさんはこんなに引き出しを小分けにするんですか?と聞かれたのですが
オーダーキッチンは、手持ちの調理器具を全部リストアップして、使いたい時にすぐ取り出せる場所に
という収納計画ありきでデザインするので、結果、こうなるのです。
誰でもなんでもいれれるよ、ではなく、まさに、あなたの持ってる道具を入れるためのキッチンです。
今から新生活がはじまる新婚さんには向いていないかもしれないですが
リフォーム世代の方、暮らし方の決まっている方にはぴったりのキッチンができあがります。
使いやすくないはずがないですよね^^

そしてなにより、かっこいい!
今はLDK一体のお部屋が主流です。
ダイニングやリビングからキッチンが見えるからこそ、
自然素材のインテリアにこだわってる人などには、ぜひ、そこに置くキッチンは
木のキッチンという選択肢も検討していただけたらと思います。

10704831_706343766081402_965854579_n

今回、2日間の出店で気づいたことは
木のキッチンは手垢が目立たないってことです。
ツルツルピカピカ塗装の他社さんが、せっせと1日中拭き掃除ばかりされている中
あんなにたくさんの方が触りまくってるのに、うちのキッチンは一度も扉を拭くことなし。
オイル塗装なのでツルツルしてなくて反射がないので手垢が全然目立ちません。
我が家でも木のキッチン使用しているのですが、そういえば油汚れとかもぜんぜん気になりません。
ある程度吸収してるのかもしれませんが・・・
どっちみちオイル塗装なのでちょうどいいというか(笑)

キッチンメーカーとして出展させてもらって今回たくさんの気づきがありました。
そして、たくさんたくさんのお客様とお話して思ったことは
つくづく
「うちのキッチンはどこに出しても恥ずかしくない どころか 自慢のキッチン」だということでした。
素材的にも、耐久性的にも、デザイン的にも、機能的にも。
そして、お値段的にも。
これだけ自由設計で、自分仕様にできてこのつくりで、、、お安いわね。
というお言葉もたくさんいただけました。

あと、一番の自信につながったのは 私たちスタッフの提案力。
初めてお会いするお客様ばかりで
さらに、ミヤカグをご存じない方ばかりなのに
「あんた、すごいよう知っとるね」「キッチンのことすごい考えとってじゃね」「いろいろ教えてくれてありがとう」

搬入から搬出まで、少人数でこなして 2日間立ちっぱなしのしゃべりっぱなしの疲労を
ぜんぶ吹き飛ばしてくださった思いがしました。

今回、リフォームフェアにお声かけいただいて、
こんな大きなイベント、大丈夫だろうかと若干ビビり気味だったんですが
思いきって出展できて本当によかったです。

たくさんの収穫がありました。
今後、ますます、ミヤカグを信頼してお仕事を任せてくださるお客様のご期待に応えれるように
もっともっと精進していこうと思う2日間となりました。

おまけ。
翌日の中国新聞の記事にうちのキッチンを掲載していただきました。
50社ちかくある出展企業の中でうちのブースの写真が掲載されているなんて朝刊見てびっくりしました。
ここ数か月、出展がきまってからほんと忙しかったですが、たくさんの高評価をいただいて嬉しい限りです。

10709843_710947562287689_2136140125_o

 

 

あと、40分間のスペシャルセミナーの講師も任せていただいてこちらも大変いい経験できました。
それについても、また後日書きたいと思ってます。
長文、最後まで読んでくださってありがとうございます。

ーーーーーー・ーーーーーーー・ーーーーーー・ーーーーーー・
<詳細・ご予約フォームへのリンクです>

☆4月からすてきな暮らし塾というワークショップをはじめます
☆オーダーキッチン、オーダー家具のご相談は随時承っていますが、ご予約いただいたほうがスムーズです。
土日は予約フォームを作っています。平日はお電話でお問い合わせくださいませ。
1001_04 1001_05

 

おまけ☆☆☆★
ミヤカグってどんなお店? 気になる項目を↓クリックしてみてください (HPに飛びます)
101_1538_20130821154154bbc.jpg   11

 

 

 


広島でオーダーキッチンをご検討の方へ。 リフォームフェア出展・セミナーのお知らせ。

中国新聞 リフォームフェア2015 @南区産業会館
いよいよ今週末です。>>イベントHP

0317_15d縮小

昨日の中国新聞にも大きく裏表全面広告がでていました。
ご覧になられたでしょうか?

今年のリフォームフェアの目玉企画はキッチンコーナー。
見て、触れて、最新キッチン大集合! ということで、
ミヤカグも、木のオーダーキッチンを展示させていただきます。

広島でキッチンリフォームを考えられている方。
10個のメーカーのキッチンが一堂に見て比べられるこの機会にぜひぜひ、いらしてください。

0415リフォームフェアバリューイン中面-(1)

 

そして、18日、15時半からは、
わたくし、キッチンスペシャリストとしてセミナーをさせていだきます。

0415リフォームフェアバリューイン表4

内容は、チラ見せしちゃいますと、
今回のセミナーはこの3ステップ構成でいきます。

1001_03

最近のキッチンの傾向を知り
そして、自分にあったキッチンのあり方を探り
最後に、実践ということで事例を見ながら
寸法的なこと、ワークトップの素材、ミニマム動線などなど
細かいところを説明していく流れにしようと思っています。

そして、主婦がみんな気になる収納のこと。
我が家のキッチン収納をはずかしげもなく丸見せしちゃいます。
よその収納の中身ってなかなか見ることが無いと思うので
ぜひ、ご覧になって、自分ならどうするか?という視点で参考にしてもらえたらと思います。

 

とにかく、写真をたくさん見ていただきたいので
欲張って、スライドをたくさん作っています。

どれか一項目削ってしまえば時間配分的に楽になるのですが
どれもこれもお伝えしたいことばかりで削るに削れないでいるので
ちょっと駆け足でお話させていただくことになりそうです。
欲張りなもので・・・。

このようなセミナーをさせていただくのも実は初めてのことなので
ドキドキなのですが、キッチンを考えられている方が
一つでも二つでも、実際に これ参考にしよう!とメモってかえっていただけるような
実りある40分間にできたらなぁと思っています。

たくさんのキッチンメーカーさんが来られている場で
お話させてもらうということで、とっても荷が重いのですが
なんとかかんとか、がんばってきます!

展示用のキッチンも完成しました。
今回のためだけに作ったキッチンです。クォーツストーンのトップにパイン材無垢。
シンクは耐久性バッチリなのに白くてかわいいステンレスのセラミック塗装のもの。
うちでキッチン作られる方に絶賛オススメ中のtotoのタッチ水栓(オシャレなグースネック)
という、自信作の対面アイランドキッチンです。
ここだけの話、展示品で、もしもそのまま気に入ってくださった方がおられましたら
ちょっとお値引して販売してもいいかなぁと思ってたりします。(内緒です)

木製キッチンに興味のある方、
ぜひ、ご覧になっていろいろ質問してくださーーい。

 

ーーーーーー・ーーーーーーー・ーーーーーー・ーーーーーー・
<詳細・ご予約フォームへのリンクです>

☆4月からすてきな暮らし塾というワークショップをはじめます
☆オーダーキッチン、オーダー家具のご相談は随時承っていますが、ご予約いただいたほうがスムーズです。
土日は予約フォームを作っています。平日はお電話でお問い合わせくださいませ。
1001_04 1001_05

 

おまけ☆☆☆★
ミヤカグってどんなお店? 気になる項目を↓クリックしてみてください (HPに飛びます)
101_1538_20130821154154bbc.jpg   11

 

 


春はなにか新しいことにチャレンジ!「大人女子力」磨きませんか~??

この春スタートの「ミヤカグすてきな暮らし塾」

シンプルでナチュラルな暮らしを楽しむ大人女子むけのワークショップです!

新学期のからみもあり、4月以降のスケジュールがはっきりしない方も多いとは思いますが・・・

4月から6月までの予約を絶賛予約受付中です♪

 

ご予約はweb予約またはお電話にて。 電話082-928-1133 (10:00-18:00 火曜定休)

 

講座一覧(↓クリックでもう少し大きくなります)

A4よこ_教室側 600

 

各講座詳細へのリンクをはっておきますのでクリックしてご覧になってください。

<4月の講座>

4gatu

4月10日(金)・・・陶芸「大人の白のモーニングプレート」 

4月18日(土)・・・レジンのこつを教えます 基本編 (ネックレス)

4月19日(日)・・・食用オイルで作る本格手作り石鹸 第一回 シンプルな白い石鹸

4月23日(木)・・・母の日のプレゼントにも!プリザナチュラルバスケットアレンジ

4月24日(金)・・・手書きでライフプランを書いてみる講座

<5月の講座>

5gatu

5月13日(水)・・・キラキラスワロフスキーで「グルーデコ」体験

5月17日(日)・・・食用オイルで作る本格手作り石鹸 第2回 無農薬自然農法の米ぬか石鹸

5月20日(水)・・・ちょっぴり革体験小銭入れ(栃木レザー)

5月22日(金)・・・木のキッチンで「パン教室」 ※定員いっぱいになり受付終了

5月27日(水)・・・ほっこり癒しのパステル画☆

<6月の講座>

6gatu

6月4日(木)・・・ドライフラワーコラージュボード 

6月12日(金)・・・陶芸「大人の白のモーニングプレート」 

6月13日(土)・・・レジンのこつを教えます 基本編 (キラキラグラデーションチャーム)

6月17日(水)・・・革 名刺入れ(栃木レザー)父の日のプレゼントに・・・

6月21日(日)・・・食用オイルで作る本格手作り石鹸 第3回 華やかな香りの石鹸

6月27日(土)・・・手書きでライフプランを書いてみる講座

 

すてきな暮らし塾の会場は、ミヤカグショールーム内のキッズルーム前のスペースを利用します。
お子様連れでご参加希望の方は、一人で遊べる年齢のお子様なら安心してご参加くださいませ^^
11068857_789481151100996_908525217_n
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

4月から6月までの全講座の詳細と、web予約のサイトは

>>こちらからどうぞ

HP入り口用

 

最後に宣伝を・・・

ただいま、ナチュラルインテリア応援フェア開催中です!

通常はあけていない二階倉庫もフェア期間中はOPENしてます。

掘り出し物があるかも??お店に遊びにいらしてください^^

 

おまけ☆☆☆★
ミヤカグってどんなお店? 気になる項目を↓クリックしてみてください (HPに飛びます)
101_1538_20130821154154bbc.jpg    297a0219f3d921648327ebba8b1073e2_20130919133348aea.jpg

 

 

 


中国新聞 cueにコラム掲載!「暮らしに木のぬくもりを」

毎週金曜日に中国新聞朝刊と一緒に届くタブロイド情報紙Cueの

月替わりコラム「つれづれ日記」

この3月のコラムをなんと、ミヤカグスタッフが担当させてもらっています!!

毎週金曜日 4回シリーズです。

インテリアコーディネーターとして木の家具の魅力をつづっていけたらなぁと思っています。

 

11

 

 

 

第一回目は タイトルは「暮らしに木のぬくもりを」

無垢の木材を使用して家具を作り

木のそのままの風合いをいかす「オイル仕上げ」という塗装方法について書いています。

オイル仕上げの家具の魅力は、表面をプラスチック系の塗膜で覆っていないので

手触りがとにかく気持ちいい!なんといってもこれが最大の魅力です。

その気持ちよさは、子どもにも感覚として伝わるもののようで、

我が家がダイニングテーブルを買い替えた時、

まだ小さかった息子は何度もテーブルに頬をすりよせて、

このテーブルきもちいいね~を連発しました。

必ず家族のみんなが毎日じかに触れるダイニングテーブルだからこそ、

木のテーブルをおすすめしたいのは山々ですが、

みなさん、一番に心配されるのは汚れがつきやすいのではないか、ということ。

確かにウレタンなどでコーティングした製品と比べるとシミや傷の問題はつきまといますが、

ほとんどの汚れはすぐに拭き取れば問題なし。

ホットプレートで焼肉しても、醤油やコーヒーをこぼしても濡れ布巾で拭けば大丈夫です。

ただし実際に何年も使ってみている感想としてはスチール缶と赤ワインだけは輪じみ要注意です。

この使用した感想は、パイン材にドイツのオスモカラーを使用してオイル仕上げにしたテーブルの場合です。

オスモカラーはワックス成分が配合されている高性能なオイル塗料なので、けっこうはっ水があるのですが

他社メーカーの似たようなオイル塗料はうちではあまり使ったことがないのでよくわかりません。

いきなりホットプレートを乗せて焼肉する前に、油の染みつき具合や輪じみの出来加減を

よくお確かめ下さいね。

 

コラム本文とは表現が違ってますがこんな感じの内容のコラムです。

木のテーブルの魅力が少しでもお伝えできていれば幸いです。

 

次週第二回目は、木が心身にもたらす効果のことなどにも触れて、

よりいっそう木の魅力をつづってみたいと思っています。

ぜひ、中国新聞を購読されている方はご覧になってくださいませ。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

4月からすてきな暮らし塾というワークショップをはじめます

>>詳細・ご予約はこちらからどうぞ

HP入り口用

 

ただいま、ナチュラルインテリア応援フェア開催中です!

ブログ

おまけ☆☆☆★
ミヤカグってどんなお店? 気になる項目を↓クリックしてみてください (HPに飛びます)
101_1538_20130821154154bbc.jpg  175_20130821154249992.jpg  297a0219f3d921648327ebba8b1073e2_20130919133348aea.jpg

 

 

 

 

 

 

 


学習机、そろそろお急ぎくださ~い。

ここ最近、学習机のカタログ送付のご希望や、店舗に下見に来られるお客様が多くなってきました。

大量生産メーカーと違い、ミヤカグのデスクは

ご注文いただいて、すぐにご用意ができないものがほとんどですので

4月のご入学に間に合わせたい方は、そろそろお急ぎいただけたら、と思います。

 

毎年人気の数量限定のお買い得セット。

とっても木質感ばっちりのデスクセットで、本棚や、イスまでついて10万円を切るという

コストパフォーマンスの高いものが3タイプご用意があるのですが

こちらも、そろそろ、在庫状況があやしくなってきました。

特に、リビング学習に人気のコンパクトタイプの59,400円のセット。

こちらは残りわずかです。

お早目にご予約いただけたらと、思います。

(この3セット以外のデスクは通年定番商品ですので、なくなることはないので大丈夫です)

 

5ddae3b669c59b2bde3345c43df308bbaf087891

 

この3タイプのお買い得セットは、現在デスクフェア中につき全国送料無料となっております。

広島以外の方も、気になる方はお気軽にお問い合わせくださいませ。

>ネットショップはこちら

>お電話でのお問い合わせ TEL 082-928-1133 10時から18時 火曜定休

 

 

フェア特典をチェック ↓↓ クリック ↓↓
フェア特典をチェック 2015 早期無し
 ↓↓ クリック ↓↓                ↓↓ クリック ↓↓
ココが違う安心サービス

 カタログ無料請求↓↓ クリック ↓↓       木工教室詳細↓↓ クリック ↓↓
カタログ請求木工教室ご案内

 

当店のデスクは、普通の家具屋さんにくらべていろいろわかりにくいと思いますので
お気軽にお電話でお問い合わせください。ブログ担当のワタクシ 松本 ご指名大歓迎♪
IMG_2441_20120922102714.jpg
おまけ☆☆☆★
ミヤカグってどんなお店? 気になる項目を↓クリックしてみてください (HPに飛びます)
101_1538_20130821154154bbc.jpg  175_20130821154249992.jpg  297a0219f3d921648327ebba8b1073e2_20130919133348aea.jpg

 

 

 

 

 


快適でありながら、エネルギーを使わない暮らしをしようじゃないか!(木造家づくり大学のレポ)

またまた家づくり大学のレポです。
興味のない方には面白くない小難しいレポートばかりでごめんなさい。

でも、とっても大事なことなので、
これで最後ですのでお付き合いくださいませ^^

全6回で開催された 国交省の促進事業 ひろしま木造家づくり大学
とりとなったテーマは

【環境共生住宅 CASBEEの評価法】

私は、CASBEE、ちょうど興味があったので楽しみにしていたのですが
普通、なんのこっちゃわかりませんよね?

環境共生住宅 っていわれてもイマイチ・・・???

超、私なりに噛み砕いていうと

快適でありながら、エネルギーを使わない暮らしをしようじゃないか!

という取り組みのことです。

大事なことなのでもう一度言いますっ!!

昔の人のように我慢して暑さ寒さを耐え忍んで暮らすわけではなく、快適でありながら

だからといって、
クーラーがんがん掛けて暮らすわけでもなく、
木をじゃんじゃん切り倒して環境壊して住みやすい家を作るわけでもなく
日本の風土、環境によりそいながらエネルギーを使わない暮らしができる家を作ろうじゃないか!

という勉強をしてきました。

ここ最近の日本の人たちは
前半部分の 快適で というところばかり追及して
いかに 快適に暮らせるか のためには
水も電気もたくさんたくさん使って暮らしてきました。

でも、今からの時代
すまいの品質の向上(快適性)ばかりを目指しちゃだめなんです。
後半部分の、環境負荷 とのバランスも考えないと・・・

そういう家づくりをちゃんと指標をもって評価して
★★★★☆ 
ミシュランみたいに(笑) 表示しちゃおうっていうのが
CASBEE(Comprehensive Assessment System for Building Environmental Efficiency)
(建築物総合環境性能評価システム)です。

大きな建築物は、もう広島では建築段階で市に提出する義務があるそうですが →市のHPで公表
戸建住宅はまだ義務とかにはなっていないです。
でも、
「そういうことに配慮して、家、建てようよ!」
という動きが、ちゃんともう、あるんですね~

今回の震災をうけて
今、みんな

エネルギーとか、環境とか、 すっごい意識が高まって来ていると思います。

こんなときだから
建築家 とか 設計者 とかのプロだけじゃなくて
家を建てて住まう一般の人、みんなで、自分ちの中のアメニティ(快適性)だけのことじゃなくて
その周り、
敷地内緑化とか、さらに広げて、まちなみ、景観への配慮とか、
もっと大きくいえば、地球にやさしい暮らしを真剣に考えないといけないですね!

家を作っちゃ壊し、作っちゃ壊ししてエネルギーを膨大に使って
ごみを増やして、CO2を撒き散らしてる場合じゃないです。

太陽の光やそよ風を上手に取り入れて、
快適で、健康で、安心できる住まいを作って
それを長く、手入れしながら使い続けていくこと。

とっても大事なことです。

そして
私たちは、家というハコではなく、その中に置くもの(インテリア)を
生業としているわけですが
それも、同じことが言えます。

一昔前の(・・・いや、今でも価格ばかりに目を向けた家具屋さんはそうだけど)
家具屋の倉庫に行くと、体調くずす(← つまり、シックハウス)ような石油からできた商品や、
せっかくの自然の恵みの木材を、つるつるテカテカの硬質塗装(これもまたプラスティック系塗装)したものや
そんな家具を
作っちゃ捨て作っちゃ捨て、してエネルギーを無駄にするのではなく

長く使える一生ものの、もっといえばアンティークとなって次世へ引き継がれるものを
作って提供していく使命を、改めて実感しました。

木の柱がたった一本、家の中にあらわしになっていると
ビール瓶一本分の水分を吸ったり吐いたりして調湿して、室内環境を整えてくれます。
もちろん
うちが取り扱っている木の家具もしかり。

嘘だと思ったらうちのショールームに来て深呼吸してみてください。
木の家具がいっぱい置いてあるし、
事務所の壁と天井も木材だし、雑貨屋のほうは壁は漆喰、床は杉板なので
とっても空気がいいですよ♪

自然の恵みである天然素材をもっともっと生活にとりいれて
少々の不便さは享受しながら、
快適でありながら、エネルギーを使わない暮らしをしていきたいものです。

なんともまぁ
タイムリーな内容の講義でした。

ひろしま家づくり大学。
これで全6講、終了いたしました。

快適な住まいを作るお手伝いをさせていただいているので、
日々の業務に直結して役立つお勉強ができたのはもちろんですが!
それ以上に
「人」としてとってもいい生涯学習の機会を得たような気がします。

このような機会を広島で作ってくださった
住宅デザイン研究所さん、ありがとうございました!

裏111

★興味のある方は合わせてどうぞ↓↓
  2011ひろしま木造家づくり大学に参加して・・・レポート記事まとめ。

   第1講 いい家はこうつくる ~こだわりの提言~ (基調講演)
   第2講 木の知識と適材適所 ちょっと木になる話
   第3講 100年耐久木造住宅の作り方 耐震の話ほか
   第4講 古民家再生と古材活用した癒しのデザイン
   第5講 適材適所 エコモデル住宅見学研修
   第6講 環境共生住宅 CASBEEの評価法

↓↓広島のインテリア・雑貨好きさんがたくさん登録されてます
広島ブログにぜひ♪


家づくり大学 vol5 古材を活用した適材適所住宅研修

木造家づくり大学のレポ 第5講です。

今回はいつもここのブログを担当している松本が
講習会を欠席したため、宮本@家具職人が、代打でしぶしぶのブログ更新です。
 (文章書くの、苦手なんですよね~・・・・)

■テーマ 古材を活用した適材適所住宅研修
  ~エコモデル住宅見学会~

26日、雪がちらついたり、日が射したりする天候の中、
エコモデル住宅の見学に行ってきました。

このエコモデル住宅は古い民家を一部リフォーム、一部増築されたそうです。
増築部分には新建材をいっさい使わないで、木、紙、土 で作られています。
木材も古材を多く用いて落ち着いた癒しの空間となっていました。

そこでなんと、
実際の住宅を見ながら設問に答えるというテスト形式のレジメが配られました。
その設問の中に。
住宅内に使われている要所要所の木材の種類を問う問題がっ!

木には詳しいはずの【家具職人】としてはここは是非当てたいところ。
(というか、はずしたらちょっとまずいでしょう~・・・苦笑)

リビングの床材はなんの木?
階段はなんの木?
玄関框はなんの木?
建具はなんの木?
梁はなんの木? ・・・この辺りまではフムフムと言う感じでしたが、

大黒柱(古材)はなんの木?
洗面所の床材は?
カウンターは?
ダイニングテーブルは? と続くと・・

・・・まずい (汗)

古材 → 木の表面が荒れているので全く不明。
洗面所床材 → こんな木見たことない!
カウンター → 表面に虎腑がきれいにあるのでナラっぽいけど、なんか違う。カバかな?
テーブル → 商売柄これは是非とも当てたい! しかし分からない・・。

といった具合。

このテストは現代人がどのくらい木の種類が分かるか、知っているかという調査だそうです。
現代は木に触れ合う機会がすくなくなっていますので、分からないのが普通になっています。

私もまだまだ未熟者でした・・。(やれやれ)

一階は客間を想定していますので、広葉樹が多く使われていました。
2階は床・天井は杉、梁は松(丸太) 壁は漆喰という 柔らかく、優しい仕上がりとなっていました。
小屋組みが見えている状態ですが、通気工法と断熱により、夏場もほとんど暑くならず、
快適とのこと。
杉床の感触も確かに気持ちがいいです。 実感!
木と漆喰に囲まれたジャパニーズテイストのこの空間、とっても落ち着きます。

名称未設定-2

木が硬く、表情もきれいな広葉樹は、人の出入りが多い1階に。
柔らかく温かみのある針葉樹は、居住空間となる2階に。

このように場所によって木材を使い分け、木材の本来から持つ特性を生かそうという考えです。

ここまで説明を受け、今では「自然素材の家」という看板をよく見かけるようにもなりましたので
なるほどなるほど・・・と言う感じですが、
この家が10年も前に作られたというから驚きです。

いまでこそ床材にパインや杉などの針葉樹を貼る方も多くなりましたが、
10年前ではほとんどいらっしゃらなかったと思います。

私共も「本物の木」の特徴、クセ等をイチからよくよくご説明して
家具を買ってもらっていた時代を思い出します。
(合板に慣れてしまって、無垢の木の特性をすっかりみんな忘れていたんですね~)

いまでは多くの方が針葉樹の心地よさをご存知ですので、
柔らかくてキズがつきやすいパイン家具の販売の際の説明もずいぶん、楽になりました。

本物の木の良さが見直されつつあるのをひしひしと感じます。

自然素材を使い、人・家・地球の健康を考えて生活をするには、
程ほどの不便さを受け入れる必要があり、
その不便さが人を健康にして心地よい空間を作り出すことになる。

 それを、まさに、目と肌で体感することのできる素晴らしい機会となりました。

追記
★興味のある方は合わせてどうぞ↓↓
  2011ひろしま木造家づくり大学に参加して・・・レポート記事まとめ。

   第1講 いい家はこうつくる ~こだわりの提言~ (基調講演)
   第2講 木の知識と適材適所 ちょっと木になる話
   第3講 100年耐久木造住宅の作り方 耐震の話ほか
   第4講 古民家再生と古材活用した癒しのデザイン
   第5講 適材適所 エコモデル住宅見学研修
   第6講 環境共生住宅 CASBEEの評価法

↓↓広島のインテリア・雑貨好きさんがたくさん登録されてます
広島ブログにぜひ♪

<お知らせ>

 ←クリックでfacebookにとびます♪

今週末は、はつかいち桜まつり。
チルカフェさんのブースに、間借り出店させていただきます!!

チルカフェブースでは
生ビール、ノンアルコールビール、コーヒーなどのドリンクやマフィンなどの販売。

そして、アロマセラピーのララマージョラムさんによる
アロマ販売やシアバターのアロマクリーム制作体験も!

あと、ちょっぴりだけど、ミヤカグの雑貨販売。
インテリアなんでも相談会?! という感じでしょうか(笑)

◆日時:4月3日(日)
◆時間:10:00~16:30
◆場所:廿日市木材港北
◆詳細:廿日市観光協会

なんか、今年はちっとも花見という気分でもないですが
4月3日、廿日市でお待ちしております! 


家づくり大学vol4 「古民家再生と古材の活用」

最近、ひろしま家づくり大学のレポートしか
ブログ更新していないような気もしますが・・・

家づくり大学第4講 の報告です。

本日のテーマは

「古材活用した癒しのデザイン」

講師は
NPO日本古民家研究会理事長 成相脩さん
 

成相さんは、島根県で
古民家を再生したり、移築したりそれに関連して
たくさんのプロジェクトをたちあげ、ひいては自らを「街づくりゲリラ」と称して
山陰、とくに城下町松江の街づくりに力を入れられている方で
おもしろい話をたくさん聞かせていただきました。

成相さんたちの活動の発端は「もったいない」
立派なクロマツの大きな梁をかけた古民家や、くろびかりする大黒柱のある家が、
住み手を失い、どんどん壊されて燃やされていく。
これは、大変もったいない!なんとかできないか・・・
一棟でも多く、後世に残したい!
ここから、いろいろなプロジェクトが生まれていきます。

なかでも、
古民家をエチオピアやフランスに移築する話などワクワクして聞かせていただきました。
日本の昔ながらの建築は 紙と木と土だけでできている・・改めて先人たちの智恵を感じました。
ほかにも
松江城の近くの空き家を風情漂う宿にしたり
女性専用マッサージ屋にしたり
おみやげ物屋にしたり・・・

今にも倒壊寸前で、屋内につっかえ棒をされたような建物を
再生して息を吹き返させるなど、(中には鋼鉄を入れて補強しているそうです)びっくりでした。

そして、見た目のデザイン的良さ以外にも
古民家を移築や改修などして利活用することでいいことがたくさん!

まず、ごみを減らす。CO2の削減。(古民家1軒を焼却処分すると15tのCO2が!!)
そして、地域景観の保全。
建築業の職人さんたちの技術の伝承。
文化交流 などなど。
 

古民家 ( = 昭和20年より以前の金物を使っていない家)の利活用や
古材を取り入れた なんとなく懐かしいテイストのインテリアなど
手作業での解体が大前提なので、とても手間ひまとコストのかかることでしょうが

いま、やらないと
無くなってしまってから「もったいなかったなぁ」と思っても
あとのまつりだと改めて気付かされました。

古材 = 和風

というのはもちろんですが、使い方によっては
ヨーロッパの型板ガラスなどと合わせて、ラスティックな雰囲気を作って
カントリー風にアレンジしたりしてミヤカグテイストなお部屋作りに取り入れても
おもしろいかなぁと思いました。

古いものに宿る重厚感というか、歴史を感じる本物の趣。
これは、どうやっても新しいものには出せない良さですね!!

天然素材に特化したインテリアショップとして
まさに天然素材100%の古材の活用はとても興味深い内容でした♪

 >>詳細・申し込みはこちら
裏111

追記
★興味のある方は合わせてどうぞ↓↓
  2011ひろしま木造家づくり大学に参加して・・・レポート記事まとめ。

   第1講 いい家はこうつくる ~こだわりの提言~ (基調講演)
   第2講 木の知識と適材適所 ちょっと木になる話
   第3講 100年耐久木造住宅の作り方 耐震の話ほか
   第4講 古民家再生と古材活用した癒しのデザイン
   第5講 適材適所 エコモデル住宅見学研修
   第6講 環境共生住宅 CASBEEの評価法

↓↓広島のインテリア・雑貨好きさんがたくさん登録されてます
広島ブログにぜひ♪

★★ただいま、開催中!
料理


木造家づくり大学 「100年耐久住宅の造り方」

毎週水曜におこなわれている「ひろしま2011木造家づくり大学」全6回の3回目に
今週も行ってきました。

今週は、超バタバタしておりまして、おくればせながら恒例のレポートです。

本日のテーマは
「100年耐久木材住宅の作り方」

つまり、耐震も大きなウェイトを占める講義内容です。

タイムリーですね~・・・(涙)

講師は、
松本進先生 普段は広島工業大学専門学校の教員をされている方です。

私も建築士の試験勉強の時に、図面を見てもらっていた先生なんですが
この先生の講義はとってもわかりやすい♪

主な講義内容は

1 高耐久住宅について
2 木造軸組の仕組み
3 耐震設計法
4 伏図の考え方
5 樹種別強度
6 木材不朽対策
7 シロアリ対策

というわけで、

もし、・・・

もしを言ってもしょうがないのは重々承知で言わしてもらうのですが
もしも、先週末におこった未曾有のこのたびの震災がなければ。

このたびの講義は
先生が実際に阪神大震災のあとに神戸に入ってとってこられた写真を見ながら
震災の後に 倒れなかった家 倒れた家の違いや
先のニュージランドの地震の時に崩れた あの、英会話スクールのビルの
構造弱点を予想したりしながら、
もっともらしく「建物の耐震」について理解が進んだことでしょう。

と こ ろ が
あの大地震&津波

私たちは、地震で倒れなかった建物も
津波で流されて、
おしゃれな新築住宅だって、昔ながらの立派な旧邸だって
なにもかも、本当に、なにもかもすべてが
無になってしまった映像を繰り返し繰り返し見せられた後での

「耐震」講義となってしまったのでした。

先生は、今回の講義のための資料をまとめて
阪神の時の倒れなかった建築物の写真などもたくさん入れて、
スライドができあがった途端にこの地震、だったそうです。

さぞ、脱力感だったことでしょう。

所詮、人間が作るもの
ましてや、木でつくる木造住宅なんて。

自然の脅威にも、火の海にも 勝てません(涙)

それを言ってしまってはおしまいなので、
みんなで気を取り直して

木の弱点ももちろん今回強く痛感したわけですが
それでも 木の良さも知っている「木造家づくり大学」だからこそ。
いま一度、
木構造の特徴、長所と短所から見直して
耐震だけに限らず、100年、200年たっても価値があり
維持管理しながら次世代へ引き継げる 安心、安全、快適な 「いい家づくり」を
あらためて勉強しよう!
ということで、2時間半の講義を聞きました。

松本先生、やりにくい時期に やりにくい内容の講義 (苦笑)
ありがとうございました。

  先生の講義を聞いてよ~く解ったこと。

  地震に弱い家 = 古い家バランスの悪い家重い屋根瓦の家

 (昭和56年に耐震基準の大きな改正あり、それ以前の建物は要注意!) 
 (耐力壁の量とバランス大事! 一階に大空間で2階小割とか危険)
              

    
    昭和50年築の我が家、
    一階に20畳の大空間、そして二階が小割り。
    屋根だって、ハイ、重そうな瓦屋根です・・・

    すべてぴったりカンカンで、3拍子揃ってますね~ (怖)

    早急に、耐震診断しなくてはっ!!

 >>詳細・申し込みはこちら
裏111

追記
★興味のある方は合わせてどうぞ↓↓
  2011ひろしま木造家づくり大学に参加して・・・レポート記事まとめ。

   第1講 いい家はこうつくる ~こだわりの提言~ (基調講演)
   第2講 木の知識と適材適所 ちょっと木になる話
   第3講 100年耐久木造住宅の作り方 耐震の話ほか
   第4講 古民家再生と古材活用した癒しのデザイン
   第5講 適材適所 エコモデル住宅見学研修
   第6講 環境共生住宅 CASBEEの評価法

↓↓広島のインテリア・雑貨好きさんがたくさん登録されてます
広島ブログにぜひ♪

★★ただいま、開催中!
料理


1 2 3 4 5 6 8