チェアを語る 一覧

チェアを語る(2)

ブログでチェアを語るシリーズをやっていこうと思って
第一回を書いて以来、あっというまに2か月も経過してしまいました(汗)

その間、
あ、これ ブログで紹介されてたイスですね って何度かお客様にお店でお声掛けいただいて
とってもうれしかったです。

というわけで、おくればせながらの第二回目いきたいと思います。
現在30脚くらいのイスを展示しているので、
このペースで紹介していくと5年もかかってしまいますが・・・このシリーズ続けていきたいと思います(笑)

7月はちょうど「チェア座り比べフェア」というのをやっていまして
通常は、店内のあちこちに、ダイニングテーブルと合わせて展示しているチェアを
この一か月間は、主要なものをずらーーっと並べてチェアコーナーを作って
座り比べやすくして展示しておりました。

こんな感じ。

 

IMG_7846

こんだけイスがずらーと並んでると
さて、どれから座ってみようかな~と迷われると思うのですが
一か月間ひそかにお客様の行動観察してみた結果(笑)

たくさんの人に座られやすい椅子とそうじゃないイスがあります。

たいていまずは、一番前列の真ん中あたりのイスに座られます。とりあえず。

そして、次に、おもむろに移動して、二番めに座られる椅子がだいたい決まってるんです。
それはどれだと思われますか?

正解はこの椅子です。 オメガという名前のイスです。
オーク、ウォールナット、ブラックチェリーで作れます。
↓店内展示はウォールナット+合皮

IMG_7847

 

二列目にありながら、この椅子に座られる方のなんと多いこと!

 この椅子は
実は、当店で取り扱いのチェアの中で一番お値段のはるお高い椅子なんです。

お客さまったら~ みなさんお目が高いんだからっ!!

それだけ、
ほかのイスとは違うオーラを放っているんだと思います。

お高いといっても、Yチェアやザ・チェアやヒロシマチェアなどの有名デザイナーズチェアに比べると
まだかわいらしい?お値段の税込みで6万円台です。

 そして、
こちらのイスに座られた方はみんなこのアームの部分をすりすりと触って
「気持ちいいですね~」と言ってくださいます。

IMG_7848

 

 

 

無垢材の塊をまずはフィンガージョイントでUの字にくっつけてから
それを贅沢に削り出して作られたこの流線形! 手触り、最高です!
制作されている職人さんが、このつくりについてとっても熱く語ってらっしゃたのを思い出します。

↓工場で写した製作途中の写真
ここからもっともっとなめらかに削られていきます。

11

 

そしてこの椅子のいいところは一言でいうとぜいたくな座り心地。
この削り出されたカーブの背中あたりはとってもいい感じ。

そして特筆すべきは座面の底つき感のなさ!
この座面は合板下地ではなく、ウェービングベルトで支えている構造です。
この構造はよくソファで使われるやり方。
ソファのように、長時間座ってくつろげるダイニングチェアなんです!

omega1-600

 

 

そして、見た目はこのうつくしさ。
どうりで、たくさんの方が、実際に座ってみたくなってしまうはずです。
高さを抑えたデザインなので、テーブルと合わせたときに主張しすぎず
お部屋が広く見える効果と、お料理を配膳するのにじゃまにならないという実用性も兼ねています。

そして、この椅子には兄弟分がいまして
セミアームバージョン。(ちょっと肘が短いバージョン)

セミアームだと、テーブルに出入りするのがらくちんです。
そして、テーブルの天板との干渉もしずらいです。
こちらのタイプもとっても人気です。

12

 

ほかにも、語りたいチェアがたくさんあります。

次回、第三弾をお楽しみに~☆

 

facebookのほうでは最新情報を随時お知らせしていますので、
  facebookユーザーの方はぜひ、いいね!をお願いします^^ >>facebookミヤカグページ

 

  ミヤカグってどんなお店? 気になる項目を↓クリックしてみてください (HPに飛びます)

 

ミヤカグってどんなお店? 気になる項目を↓クリックしてみてください (HPに飛びます)

名称未設定-1 名称未設定-2

 名称未設定-3 名称未設定-4

 

 


チェアを語る (1)

現在、ミヤカグ店内には、木のダイニングテーブルが
13台展示してあります。(現品特価のぞく)

いろいろな木の種類でいろいろな形のテーブルです。
サイズや樹種、面の取り方、脚の形、高さなどいろいろ思い通りに変更して
お客様のニーズにあわせて作ることができるので選択肢は無限大!

そして、それらのテーブルにはあえて、いろいろな椅子をあわせて
展示しております。
今、28種類。(近々もう数種類増やす予定です)
椅子はバラ売りなので好きな椅子を選んでいただけます。

チェアは座り心地がとっても大事。
みなさん、いっぱい座り比べて悩まれてます。

肘付き? ちょい肘? 板座? 張り座? 布? 革? 合皮?

最初は どれでもいいや~
くらいに思っていた椅子選びも、いろいろ座ってみてると
だんだんと自分の好みが絞られてくるもんです。

そうなってくると、途端に皆さん目が真剣になられます^^

そんな時には私たちの出番。
それぞれの椅子の特徴。作り手の思い。
手触り、木の種類、デザインの特徴などなど、語らせていただきます。

うちみたいな郊外のインテリアショップって、ドライブがてら
ちらっと見てみよ~って入ってこられる方がほとんどなので
いちいちデート中のお客様をつかまえて、家具のうんちく語っても
うざいだけだと思ってるので、
基本、聞かれてないことは長々と話さないようにしてます(笑)

でも、本気で、いい家具を選びたい!
家具のこと知りたい! もっと教えて~って目線を送ってくださる方には
めっちゃ語らせていただきますよん。

「家具のこと、しらなかった~ すごい勉強になりました!」と言っていただきます。

前置きが長くなりましたが
椅子っていろいろ特徴があるので、ちょっとブログでシリーズ化して
それぞれの特徴を語ってみたいと思います。
ブログで語る分にはうざがられないと思うので(笑)
ご興味のある方だけ読んでくださいませ。

板座派と張り地派に好みがわかれるんですが、
私はどちらかというと板座派なので、シリーズ第一回は
たくさんある板座のチェアの中で個人的にイチオシのこちらをご紹介します。
キャッチという名前のチェアで、九州の工場で作られている椅子です。

オール無垢(オーク材)のシンプルなチェア。
もったいないくらいすごく分厚い座面の板を、身体にフィットするように大胆に削って作った座面。
工場に行かせて頂いた時に、職人さんがこの削りっぷりを熱く語ってくださったのが印象的な椅子です。
(自社工場で作っていない家具も、実際工場を見せてもらって、ここの家具なら安心して
 ミヤカグのお客様におすすめできる!というものだけを厳選して仕入れています)

板座に直接脚が取り付けてあるいたってシンプルな構造。
座面厚があるからこそできる構造です。
余分な補強材が付いてないので思ったより軽い!
貫のないシンプルな見た目もGOOD!

そして、一番のおすすめポイントは包み込まれるような座り心地です!
背板は曲げ木でこれまた気持ちよく背中にフィット。
ぜひ、お店に来て座ってみていただきたいチェアです。

オーク、ウォールナット、ブラックチェリーで作れます。

名称未設定-1

↓↓わかりますかね~
この大胆な削りっぷり。

名称未設定-1

 

実際にお客様のお家で撮らせていただいた写真
↓↓

杉本3

 

 

ーーーーーーーーーーーー

 

すてきな暮らし塾4月・5月・6月予約受付中。
全講座の詳細と、web予約のサイトは

>>こちらからどうぞ

HP入り口用

または 電話予約 082-928-1133(火曜定休 10:00-18:00)

  

facebookのほうでは最新情報を随時お知らせしていますので、
  facebookユーザーの方はぜひ、いいね!をお願いします^^ >>facebookミヤカグページ

 

  ミヤカグってどんなお店? 気になる項目を↓クリックしてみてください (HPに飛びます)

 

ミヤカグってどんなお店? 気になる項目を↓クリックしてみてください (HPに飛びます)

名称未設定-1 名称未設定-2

 名称未設定-3 名称未設定-4