2018年12月 一覧

チェアを語る(3)とにかく軽いイス

現在ミヤカグショールームには30種類以上のダイニングチェアを展示しています。
チェアは座り心地が大事なので、なるべく実物に座ってみて
決めていただきたいと思っているためです。

その30脚のチョイスは、日本中のイスを作られている工房さんの中から
私たちコーディネーターがチョイスしてきたおすすめのものばかりです。

ブログでそんなおすすめのイスを語っていこうと思ってシリーズ化したものの
(2)で止まってしまっていました。

チェアを語る(1) 身体にめちゃくちゃフィットする板座のイス
チェアを語る(2) ミヤカグで一番お高いイス 極上の座り心地

 

ときて、今回の第三弾は、 とにかく軽いイス
というテーマでご紹介させていただきます。

 

お店に、いすを探しに来られる方に「軽い椅子がいい」とご相談されることが多々あります。
現在お持ちのイスが重すぎて使いにくくて買い替えたいという声は多いです。

そんな時に私のおすすめの軽い椅子はこれとこれとこれです。
と3脚ご提案するイスがあるのですが、今日はその中でも一番の人気者のイスをご紹介します。

 

それはこちら。

 

福岡県のナガノインテリアのイスです。

2017年のグッドデザイン賞受賞のイス。

とにかく軽い。
その軽さの秘密は、座面がダイメトロールという新素材を使ってあり
板が貼ってないのです。それにより、チェアの軽量化と底づき感のない掛け心地を実現されています。

あと、一番の特徴は軽いがゆえにできることですが
アームをダイニングテーブルの天板に掛けることができるハンギング機能をもっているところ。
これはお掃除楽々でおすすめです。

形状も、人気のちょい肘(ハーフアーム)なので、出入りもしやすく、

立ち上がる時の支えにもなってくれて、高齢者にも優しいチェアーです。

 

また、座カバーはマジックテープで固定する方法で、簡単に取り外しできます。
布地は約120種類から選んでいただくのですが、その中で半分くらいが
ウォッシャブルOkな布地なので、ご家庭で気軽に洗濯することができます。

これならお子様がおられるご家庭も安心ですね^^

 

 

というわけで今日ご紹介したのは
「軽くて底つき感のない座り心地のいいチェア」しかも「ハンギング機能ありでお掃除楽々」です。

是非、一度座り心地を確かめにいらしてください^^

とってもいい椅子です!

 

お知らせ

年末年始休業 12月25日(火)から1月4日(金)ご迷惑おかけいたします。

 

 

 

ミヤカグってどんなお店? 気になる項目を↓クリックしてみてください (HPに飛びます)

名称未設定-1 名称未設定-2

 名称未設定-3 名称未設定-4

 


ソファは布派?革派?それとも合皮派?

あなたは革派? 布派?
こちらのソファ、ガチっとしたバケットタイプの座り心地が人気のハイバックソファ。

 

 

店内の展示はオレンジっぽく見える明るい茶革で展示していますが、
実際は革なら13色、布なら20種類の中から選べます。 さらに木部の塗装色も変更可。

うーーん迷っちゃう~ といいながらお客様と一緒に選んでいくのですが、
完成した実物を見ると「いいわーーこれ、選んだ人センスいい!」と毎回一人で大絶賛(笑)

革選んでも布選んでもどの色選んでも・・・これをおうちに置くだけですごいオシャレ感を醸し出して
自慢の空間にしてくれるとびっきりソファです。

色選び次第で、北欧インテリアにも、ナチュラルインテリアにも、モダンにも、そしてなんと和室にもあうんです。

色選び、迷われたらアドバイスさせていただきます^^

さて、ところであなたは革派? 布派?

ここでまじめに革と布の考察をしてみたいと思います。
こればっかりはそれぞれの感性なのでどちらがいいとも言い難いのですが
私的にはこんな風にそれぞれのメリットデメリットを感じております。

 

まず、

そのメリットは その高級感とかっこよさ!
ほこりやダニのつきにくさ。
しっとり肌触り。

お手入れが~という意見も散見されますが、本革ソファには二種類あるのご存知ですか?
顔料仕上げと染料(アニリン)仕上げ。

こちらのソファに使われている革は顔料仕上げなので
コーティングされているので、汚れにくく、メンテナンスが簡単です。
しいていえば、時々専用のクリーナー&プロテクターでお手入れしてやれば
より、きれいに使えるかな、でもしなくても大丈夫という感じでOKです。

これとは違うタイプのソファには、アニリン仕上げの革も選べるものもありますが
そちらは、コーディングがないのでちょっと手のかかる、、、でもかわいいやつという感じ。
メンテナンスが必要ですが、その質感、しっとりした気持ちよさは◎です。

革のデメリットはどうしても価格が・・・という点です。

次に、

こちらのメリットはバリエーションの多さと、
個人的には 摩擦があることが一番のメリットと感じています。
適度な摩擦により、座っていても身体がずれにくいので
長く座って疲れにくいのがおすすめポイントです。
座り心地で言ったら革より布の勝ち、かなと思っております。
また、見ためのやさしさは、ナチュラルテイストなインテリアなどには
ぴったりくると思います。

デメリットは、牛乳こぼされたりしたら悲しいことでしょうか。
小さなお子様がおられる場合は、カバーリングタイプの布ソファなら
ありですが、張り込みタイプはちょっと敬遠したいかも。

そんな時におすすめなのが 合皮

合皮のメリットは汚れに強く遠慮なく拭けること。
耐久性に関しては、最近の合皮は合皮のメーカーさんに言わせると
「革を超えた!」とまで言われるほど強くなってきております(※)
ただ、合皮のデメリットは、
夏場など汗をかく時期のべたつき、でしょうか。

価格的なことを検討すると、本革にくらべると
布と、合皮はお手頃におさえられるというメリットがあります。
こちらのソファ3人掛けだと、本革と布&合皮では4万円以上の価格差がでてきます。

(※)
ただし、輸入品のソファなど安価なソファに貼られている
合皮は要注意!
弊社は家具の修理をやっているので、他店で買われたソファの
張替えご相談もたくさん承りますが、購入してたった数年で
バラバラと剥げ落ちてきているソファなども目にします。
あまりに安価な合皮のソファは、想像以上に持たないのでお気をつけください。

以上

ソファは 革派? 布派? それとも合皮派?というお話でした。

ミヤカグスタッフは全員インテリアコーディネーターなので
みなさまの暮らしやご家族構成に合わせて、どちらがおすすめか、アドバイスさせていただきますので
お気軽にご相談くださいませ。

 

 

ミヤカグってどんなお店? 気になる項目を↓クリックしてみてください (HPに飛びます)

名称未設定-1 名称未設定-2

 名称未設定-3 名称未設定-4