2018年08月 一覧

新聞に掲載していただきました!

一か月ほど前のことになりますが、中国新聞 ひとネットというコーナーに
弊社社長を掲載していただきました。

7月22日 掲載

 

また、

8月15日 山陽新聞 経済面にも婚礼ダンスのリメークについての記事を
写真入りで掲載していただいたようです。

お盆休み明けに岡山方面からのお問い合わせがあいついであり
お問い合わせくださったお客様に尋ねたら、「山陽新聞をみました!」とのこと。

新聞ってすごい反響ですね。

★出張見積もり、お引き取り可能範囲は岩国、呉、東広島、三次あたりまで
とさせていただいておりますが、婚礼ダンスのリメイクについては、
「地元で探してもほかにどこもやってくれるところがないんです」という声も多いので
近隣県まではお伺いさせていただいております。
まずは、お気軽にお尋ねくださいませ。

★このたびの西日本豪雨にともなう水害などで家具が水没してしまった方からの
お問い合わせもたくさんいただいております。
もう捨てるしかないのか?それとも直したほうがいいのか。
悩まれている場合は、ご相談くださいませ。
また、大事なものが入っている箪笥、サイドボードが水を吸ってあかなくなったというご相談も多いです。
なんとかできそうならなんとかしますので、ご一報くださいませ。

082-928-1133 (火曜定休 10:00-18:00)

 

 

もっと見る

 

 

ーーーーーーーーー

家具の修理再生・リフォーム。
小さなものでは丁番の取り換え、ガラスの割れの修理、ダイニングチェアの張り替えなどなど
大きなものでは桐ダンスや時代ダンスの洗い、修復、再生、キッチン扉変更など。
婚礼ダンスのリメイクも大好評!
なんでもやりますので、まずはこんなとこできる~?と気軽に聞いてみてください。

1001_06

 

出張見積もりは弊社近郊ならワンコイン500円にて承っております。
(無料よりもワンコインのほうが逆に気軽に頼めると好評です!)
・・・佐伯区(湯来のぞく)西風新都・西区・旧廿日市市

それより遠方はプラス料金有りお問い合わせください。
★出張見積もり、お引き取り可能範囲は岩国、呉、東広島、三次あたりまで

なお、お問い合わせが多いのですが県外の方からのご依頼や
お引越し業者様などからのお客様の持ち物の修理ご依頼は基本お断りしております。
飲食店様や店舗様のイス張り替え、テーブル塗装などは可能な限りお引き受けしておりますので
お気軽にご相談くださいませ。

ーーーーーーーーーーーー

 

ミヤカグってどんなお店? 気になる項目を↓クリックしてみてください (HPに飛びます)

名称未設定-1 名称未設定-2

 名称未設定-3 名称未設定-4

 

 

ものづくり・暮らしづくりを応援する
インテリアショップミヤカグが「暮らしを素敵にする講座」を開催!
7月8月はちびっこバージョン!予約受付中。
全講座の詳細と、web予約のサイトは

>>こちらからどうぞ

HP入り口用

または 電話予約 082-928-1133(火曜定休 10:00-18:00)

 

facebookのほうでは最新情報を随時お知らせしていますので、
facebookユーザーの方はぜひ、いいね!をお願いします^^ >>facebookミヤカグページ

 

 

 


本格木工 親子で2wayシェルフを創ろう!

毎年夏に開催しております。
本格木工教室。今年も暑い中無事終了いたしました!

何が本格かといいますと。
木工機械を使って、冶具というものを使って精度を出して
ネジが丸見えじゃない組み方でシェルフを作っていただきます。
いわゆる日曜大工だと、釘やビスが丸見えだと思うのですが
家具は普通、ビス頭が見えないものです。
そんな本格なやり方で作ってみます。

創るシェルフはこちら。

卓上でも壁掛けでも使える2WAYシェルフという優れもの!
壁掛けにして一番下にフックでもつければとてもかわいいです。

2wayシェルフ

 

 

今年で10年目のこの教室。
毎年暑いのですが今年の猛暑はひときわ暑い!
そんな中、弊社工場内でみなさんがんばられました。

名称未設定-3

 

まずは、手のこ で扱いやすい大きさに切ります。
親子で協力してゴリゴリゴリ いきなり汗、噴き出る!!

用意されているこのシェルフのための冶具(つまりオリジナル型紙)を利用して
今からカットする場所や穴をける場所をけがいていきます。

(木工用語ではけがくというんですが、つまり鉛筆でしるしをつけていきます)

それからボール盤と呼ばれる穴をあける機械や
トリマーと呼ばれる飾り面取りする機械や
技術家庭科で使ったことのある糸のこ盤などで加工していきます。

そして、各パーツの加工が終わったら木工ボンドとビスを使って組み立てていきます。
電動ドリルもなかなか使うことないのでみなさんドキドキです!
プロ用のハイパワーの電動ドリルなので結構重くて迫力あります。

そして最後にお好きな色のオイルで塗装していよいよ最終段階。
全部で3時間くらいかかる大仕事でした。

名称未設定-2

 

一枚の板から立体をつくっていくというとってもやりがいのある教室です。

冶具というオリジナル型紙を使ってつくるので
みなさんちゃーーんと全員、同じ大きさ、同じ仕様で完成します。

これが、mm単位にこだわる家具職人の精度の出し方です。
家具を作るたびに形が違ってはこまりますもんね!

 

名称未設定-1

 

家族で協力してがんばったぶん完成した時の達成感ったら!
みなさん お疲れの表情  じゃなかったとってもいい笑顔です!

暑い中、ご参加ありがとうございました!

 

昨日のこの教室をもちまして 2018年夏の ちびっこ手作り教室 全15講座
無事終了いたしました。
全部の講座で 116名のちびっこたちが ワークショップに参加してくれました。

手作り系インテリアショップのミヤカグは
「ものづくりって楽しいなぁ」という体験をたくさんの方にしていただきたいと思っております。

9月以降はまた、おとなむけのワークショップ 「すてきな暮らし塾」通常版にもどります。
芸術の秋! こんどは大人の皆さんがたのしみましょう。

日程決まり次第おしらせいたします。

 

facebookのほうでは最新情報を随時お知らせしていますので、
  facebookユーザーの方はぜひ、いいね!をお願いします^^ >>facebookミヤカグページ

 

  ミヤカグってどんなお店? 気になる項目を↓クリックしてみてください (HPに飛びます)

 

ミヤカグってどんなお店? 気になる項目を↓クリックしてみてください (HPに飛びます)

名称未設定-1 名称未設定-2

 名称未設定-3 名称未設定-4

 

 

 


チェアを語る(2)

ブログでチェアを語るシリーズをやっていこうと思って
第一回を書いて以来、あっというまに2か月も経過してしまいました(汗)

その間、
あ、これ ブログで紹介されてたイスですね って何度かお客様にお店でお声掛けいただいて
とってもうれしかったです。

というわけで、おくればせながらの第二回目いきたいと思います。
現在30脚くらいのイスを展示しているので、
このペースで紹介していくと5年もかかってしまいますが・・・このシリーズ続けていきたいと思います(笑)

7月はちょうど「チェア座り比べフェア」というのをやっていまして
通常は、店内のあちこちに、ダイニングテーブルと合わせて展示しているチェアを
この一か月間は、主要なものをずらーーっと並べてチェアコーナーを作って
座り比べやすくして展示しておりました。

こんな感じ。

 

IMG_7846

こんだけイスがずらーと並んでると
さて、どれから座ってみようかな~と迷われると思うのですが
一か月間ひそかにお客様の行動観察してみた結果(笑)

たくさんの人に座られやすい椅子とそうじゃないイスがあります。

たいていまずは、一番前列の真ん中あたりのイスに座られます。とりあえず。

そして、次に、おもむろに移動して、二番めに座られる椅子がだいたい決まってるんです。
それはどれだと思われますか?

正解はこの椅子です。 オメガという名前のイスです。
オーク、ウォールナット、ブラックチェリーで作れます。
↓店内展示はウォールナット+合皮

IMG_7847

 

二列目にありながら、この椅子に座られる方のなんと多いこと!

 この椅子は
実は、当店で取り扱いのチェアの中で一番お値段のはるお高い椅子なんです。

お客さまったら~ みなさんお目が高いんだからっ!!

それだけ、
ほかのイスとは違うオーラを放っているんだと思います。

お高いといっても、Yチェアやザ・チェアやヒロシマチェアなどの有名デザイナーズチェアに比べると
まだかわいらしい?お値段の税込みで6万円台です。

 そして、
こちらのイスに座られた方はみんなこのアームの部分をすりすりと触って
「気持ちいいですね~」と言ってくださいます。

IMG_7848

 

 

 

無垢材の塊をまずはフィンガージョイントでUの字にくっつけてから
それを贅沢に削り出して作られたこの流線形! 手触り、最高です!
制作されている職人さんが、このつくりについてとっても熱く語ってらっしゃたのを思い出します。

↓工場で写した製作途中の写真
ここからもっともっとなめらかに削られていきます。

11

 

そしてこの椅子のいいところは一言でいうとぜいたくな座り心地。
この削り出されたカーブの背中あたりはとってもいい感じ。

そして特筆すべきは座面の底つき感のなさ!
この座面は合板下地ではなく、ウェービングベルトで支えている構造です。
この構造はよくソファで使われるやり方。
ソファのように、長時間座ってくつろげるダイニングチェアなんです!

omega1-600

 

 

そして、見た目はこのうつくしさ。
どうりで、たくさんの方が、実際に座ってみたくなってしまうはずです。
高さを抑えたデザインなので、テーブルと合わせたときに主張しすぎず
お部屋が広く見える効果と、お料理を配膳するのにじゃまにならないという実用性も兼ねています。

そして、この椅子には兄弟分がいまして
セミアームバージョン。(ちょっと肘が短いバージョン)

セミアームだと、テーブルに出入りするのがらくちんです。
そして、テーブルの天板との干渉もしずらいです。
こちらのタイプもとっても人気です。

12

 

ほかにも、語りたいチェアがたくさんあります。

次回、第三弾をお楽しみに~☆

 

facebookのほうでは最新情報を随時お知らせしていますので、
  facebookユーザーの方はぜひ、いいね!をお願いします^^ >>facebookミヤカグページ

 

  ミヤカグってどんなお店? 気になる項目を↓クリックしてみてください (HPに飛びます)

 

ミヤカグってどんなお店? 気になる項目を↓クリックしてみてください (HPに飛びます)

名称未設定-1 名称未設定-2

 名称未設定-3 名称未設定-4