2017年02月10日 一覧

明るめナチュラルとダークなナチュラル どっちがお好み?

お客様のお宅への家具の配送。
よっぽど遠方の県外じゃない限りは運送会社に頼まずに
ショールームスタッフと職人の2人組で配送にうかがうようにしています。

世の中家具屋さんやインテリアショップがたくさんありますが
配送スタッフではなく、接客や家具を組み立てたスタッフ本人が直接うかがうのは、
なかなか無いことなのかもしれません。
お客様のお宅に実際に家具が配置された様子を見たり、お客様の喜びの声を
直接聞くことができることはとても幸せなことです。

時間に余裕があるときなどはお写真を撮らせてもらったりもできます。

今日はそうやって写させていただいた納品写真の紹介です^^

facebookではその都度ご紹介しているのですが、ブログは放置気味で
まとめて紹介になってしまいすみません。
今日は明るめナチュラルと、ダークなナチュラルのふたつのテイストにわけてご紹介します。

●明るめのナチュラルスタイル

名称未設定-1

木のそのままの色、ファブリックはキナリなどを基調とした明るめの色合いは
ナチュラルインテリアの定番です。
床の色はクリアで木の表情を活かし、それに似合う家具もやはりクリア塗装または
ごく薄く色を入れたライトベージュ程度の塗装。
そんな明るめのナチュラルインテリアの人気はもうずっと続いています。
飽きの来ない癒しのインテリアテイストなので、素材感を大切にまとめたいですね。

 

 

●ダークな色合いのナチュラルスタイル

名称未設定-1

 

 

最近はナチュラルスタイルを好まれる方の中でも
ダークな色合いもとても人気です。
ダークブラウンの家具は一歩間違えるとモダンスタイルになってしまいがちなので
ナチュラル寄りでまとめたい方は、デザインや素材感、とくに塗装方法を吟味しましょう。
(ぴかぴかしたウレタン塗装にしてしまうといっきにナチュラル感がうせてしまいます)
最近のダークな色合いの人気の理由の一つは、
マンションのモダンなインテリアの中に、木の良さを活かした家具を入れるとしたら
濃いめの家具がとても相性がいいのも理由のひとつだとおもいます。
もちろん、戸建のかたも濃いめの床の色や建具のいろにあわせて
濃いめの家具でシックにまとめられる方も増えています。
または逆に、床は木のそのままの表情を活かした明るめの床で、
家具をダークにひきしめていく、というのもおすすめの手法です。
ここ二年くらいとても流行した男前なインテリア、ブルックリンスタイルなども
素材感を活かしたダークな色合いの家具たちですね!

パイン材、オーク材、アッシュ材などナチュラルインテリアによく使う材料で色乗りのいい木を
濃いめの色でオイル塗装するのも人気ですし、
ウォールナット材や楠材、ブラックチェリー材など、もともと濃いめの色合いの
木材をクリアのオイルで仕上げたものも人気です。

ミヤカグではもともとは、店内展示は明るめのナチュラル色でなるべく統一したいなぁと
いう思いもあったのですが、お客様のご要望に押されて、最近では
濃いめの着色事例や、ウォールナット材のダイニングセットなども展示しています。
とくにウォールナットという木は木肌もとても美しく、肌触りのとってもいい木なので
ここ数年ずっと定番で人気のある樹種です。
ぜひ、ご来店いただき、いろいろな樹種に実際に触っていただきながら
お家のインテリアに合わせやすい色目はなにか?を一緒に考えていきましょう!

明るめナチュラルにしてもダークなナチュラルにしても、
ナチュラルなインテリアを目指すならぜひぜひ素材にこだわりましょう。

ミヤカグのショールームスタッフはみんな
木や自然素材が大好きな人たちの集まりなので、木のことよくわからない、とか
自然素材をどうやってインテリアに取り入れたらいいのか?お手入れは?など
気になることがあればどんどん聞いてやってください。

ナチュラルインテリアに関する知識と技術とセンスには自信があります^^v

 

facebookのほうでは最新情報を随時お知らせしていますので、
 facebookユーザーの方はぜひ、いいね!をお願いします^^ >>facebookミヤカグページ

 

おまけ☆☆☆★

ミヤカグってどんなお店? 気になる項目を↓クリックしてみてください (HPに飛びます)

 101_1538  IMG_5118  175_20130821154249992.jpg