2010年02月24日 一覧

イギリス調カップボード(別注例)

以前、制作の途中経過をこちらのブログでお知らせしていた家具。
kappubo-do
もうずいぶん前に、お客様のお宅に設置にうかがったんですが
急に思い出したのでご紹介です。
ジャーーンッ!!!
イギリス カップボード
アンティーク家具が大好きなお客様ですが
本当に程度のよいこれだけ大きなアンティークのカップボードを探すとなると
とっても高額にもなってきますので
思い切ってブリティッシュデザインでオーダーで新調されることになりました。
弊社の店長がお客様のご要望をお聞きしてデザインさせていただきました!
今回は、天井まで収納が欲しいとのことでしたので、
あえて作り付けの家具にはせずに、
家、お部屋のデザインに合わせ、置き家具としてご提案しました。
カップボードの上には倒れ止めの工夫をしています
柱のフルーティング(縦の飾り溝のこと)とカップボードのフルーティングの
デザインを合わせているのに気づいていただけましたか~?
ツマミはベネチアングラスの本場、イタリアのムラーノ島で作られている手作り硝子のツマミ。
写真では青色の深みがわかりにくいですが
とってもきれいな澄んだ色合いのガラスとってです。
お客様が完成した家具を実際に見られてからチョイスされました。
良質のポンデロッサパインで心をこめておつくりしたこの家具が
年月を経て【アンティーク】になっていくと思うととてもうれしいです。
本当に古い良質のアンティークをお探しの方
アンティークになる家具をおもとめになるのも一つの手かもしれませんね^^
 で、このカップボードお値段、気になりますよね(笑) →気になる方はこちらからどうぞ。
フォローミー
今日のミヤカグ★最新情報★雑貨の入荷情報はツイッターにてつぶやいております。
お気軽にフォローミー♪
←左サイドバーの上のほうでつぶやき(ミヤカグのリアルタイム情報)が見れます
↓↓広島のインテリア・雑貨好きさんがたくさん登録されてます
広島ブログにぜひ♪